木村拓哉&綾瀬はるか:出演の東映70周年記念作「THE LEGEND & BUTTERFLY」 総事業費は20億円 手塚治社長「判押すとき手が震えた」

映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」発表会見に出席した(左から)古沢良太さん、木村拓哉さん、綾瀬はるかさん、大友啓史監督
1 / 4
映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」発表会見に出席した(左から)古沢良太さん、木村拓哉さん、綾瀬はるかさん、大友啓史監督

 木村拓哉さん、女優の綾瀬はるかさんが、東映70周年記念の新作映画「THE LEGEND & BUTTERFLY(レジェンド・アンド・バタフライ)」(2023年1月27日公開、大友啓史監督)で共演することが6月21日、東京都内で行われた会見で発表された。東映の手塚治社長は「この作品は総事業費20億円」と明かし「稟議(りんぎ)の判を押すときに少し手が震えましたが、これは東映が本気であるということを申し上げておきたいと思います」と話した。

 「コンフィデンスマンJP」シリーズや、2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」などを手がけている古沢良太さんが脚本を担当。大河ドラマ「龍馬伝」(2010年)や、映画「るろうに剣心」シリーズの大友監督がメガホンをとる。織田信長を木村さん、濃姫を綾瀬さんが演じ、次第に強い絆で結ばれていく夫婦の姿が描かれる。

 手塚社長は「自信を持ってこの映画をオススメできます。素材をつないだ映像を見ましたが、素晴らしい作品になる予感があります」と胸を張った。

 主演の木村さんは「毎日の当たり前のありがたさだったり、当たり前と思っている大切な人の存在や、人を愛することができる幸せ。そういったことを感じていただきたいと思っています」とアピールした。

 ◇あらすじ

 「大うつけ」と呼ばれた織田信長(木村さん)の元に嫁いできたのは「マムシの娘」の濃姫(綾瀬さん)。尊大な態度で濃姫を迎えた信長と、男勝りな性格で信長に反抗する濃姫の夫婦生活は、お互いの寝首をかこうとする毎日だった。

 そんな最悪な夫婦の前に、今川義元の大軍が攻めてきた。絶望しかけた信長を奮い立たせたのは濃姫の言葉だった。激論の末、勝利を収めた2人は、徐々に信頼し合い、天下統一の夢に向かっていく。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事