北川景子:新たな“家族”が増えたことを報告 「ニジイロクワガタが4匹家に」

劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」公開記念舞台あいさつに登場した北川景子さん
1 / 21
劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」公開記念舞台あいさつに登場した北川景子さん

 女優の北川景子さんが6月25日、東京都内で行われた劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」(矢野博之監督)の公開記念舞台あいさつに登場。間近に迫った七夕の願いごとを北川さんは、「家族とクワガタが健康に暮らせますように」と発表し、「今年からニジイロクワガタが4匹家に来た」と新たな“家族”の一員を迎えたことを報告。「これから交配させるなど楽しみなことがたくさんある。(家族を)増やしていきたい。猫も含めて家族みんな元気に暮らしたい」と家族の健康を祈っていた。

 そんな北川さんは、普段の生活の中で“最高に楽しい時間”を聞かれると、「小さいころから生きものが好きで、動物園に行ったりとか水族館に行ったりして生きものを見ること」と回答。最近では、「自分の子供と一緒に共有できるのでそれも楽しいです」と“ママの顔”をのぞかせていた。

 「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」は、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)の33作目となる劇場版最新作。オバケたちの街・オバケタウンの変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンとアンパンマンたちが大冒険を繰り広げる。北川さんがドロリン、お笑いトリオ「ジャングルポケット」がオバケタウンの町長と側近の声を演じる。

 舞台あいさつには、戸田恵子さん、声優の中尾隆聖さん、ジャングルポケットも出席した。

写真を見る全 21 枚

芸能 最新記事