カッコウの許嫁:第11話「無かったことになんて出来ないよ」 停電で身を寄せ合う ありえないハプニング!

「カッコウの許嫁」の第11話「無かったことになんて出来ないよ」の一場面(C)吉河美希・講談社/カッコウの許嫁製作委員会
1 / 6
「カッコウの許嫁」の第11話「無かったことになんて出来ないよ」の一場面(C)吉河美希・講談社/カッコウの許嫁製作委員会

 「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の吉河美希さんのラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「カッコウの許嫁(いいなずけ)」の第11話「無かったことになんて出来ないよ」が、テレビ朝日の深夜アニメ枠「NUMAnimation(ヌマニメーション)」で7月2日に放送される。

 海野凪と天野エリカは、停電した家で身を寄せ合う。2人は暗闇の中、同居生活を振り返る。凪が防災グッズを取りに玄関へ向かうと、ありえないハプニングが起きる。

 「カッコウの許嫁」は、「ヤンキー君とメガネちゃん」「山田くんと7人の魔女」などで知られる吉河さんのマンガ。名門私立校に通う高校2年の海野凪、超お嬢様女子高生・天野エリカらの恋を描いている。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事