ダンまち:テレビアニメ「IV 迷宮篇」 続編「深章 厄災篇」制作 2023年1月5日スタート

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 深章 厄災篇」のビジュア(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち4製作委員会
1 / 7
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 深章 厄災篇」のビジュア(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち4製作委員会

 人気ライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)」のテレビアニメ第4期「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇」の続編となる「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 深章 厄災篇」が制作され、2023年1月5日から放送されることが分かった。

 新キャラクターのキャストも発表され、中原麻衣さんがアストレア・ファミリア主神のアストレア、花守ゆみりさんが同ファミリアの団長のアリーゼ・ローヴェル、千本木彩花さんが副団長のゴジョウノ・輝夜、諏訪彩花さんが小人族(パルゥム)のライラをそれぞれ演じることが分かった。原作の刊行10周年を記念したプロジェクトが始動することも発表された。2022年10月から関連小説が6カ月連続で刊行される。

 「ダンまち」は、大きな地下迷宮がある巨大都市を舞台に、少年ベルらが冒険する姿を描いている。テレビアニメ第1期が2015年4~6月に放送され、女神・ヘスティアの衣装のリボンがネットを中心に“例のひも”などと呼ばれ、話題になった。外伝「ソード・オラトリア」もテレビアニメ化され、2017年4~7月に放送。テレビアニメ第2期が2019年7~9月、第3期が2020年10~12月に放送された。

 第4期「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇」が7月にスタートし、9月30日深夜にTOKYO MXほかで最終回が放送された。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事