機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE:ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)がHGで初立体化 ブースター装着状態も

「機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE」のガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のプラモデル「HG 1/144 ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)」(C)創通・サンライズ
1 / 9
「機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE」のガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のプラモデル「HG 1/144 ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)」(C)創通・サンライズ

 人気アニメ「ガンダム」シリーズのゲーム「機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE」に登場するガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のプラモデルが、バンダイスピリッツの「HG」シリーズから「HG 1/144 ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)」として発売される。価格は2750円。

 ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)は、アナハイム・エレクトロニクス社が、地球連邦軍のガンダム開発計画の追加プランとして開発した試作モビルスーツ(MS)で、コードネームはエンゲージゼロ。「HG」シリーズで初めて立体化されることになった。

 曲線が特徴的な脚部形状などを再現。バーニアフィンのディテールを再現し、展開ギミックを備える。追加ブースターとバックパックを付け替えることでブースター装着状態になる。ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、シールドが付属する。

 バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で10月5日正午から予約を受け付ける。2023年1月に発送予定。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事