うる星やつら:第7話「住めば都/生ゴミ、海へ」 ラム、しのぶ、サクラが水着に プールの妖怪役に「蛙亭」中野周平

「うる星やつら」の第7話「住めば都/生ゴミ、海へ」の一場面(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会
1 / 7
「うる星やつら」の第7話「住めば都/生ゴミ、海へ」の一場面(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

 高橋留美子さんの人気マンガ「うる星やつら」の完全新作となるテレビアニメの第7話「住めば都/生ゴミ、海へ」が、11月24日深夜からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送される。お笑いコンビ「蛙亭」の中野周平さんが、第7話に登場するプールの妖怪の声優を務めることが発表された。水着姿のラム、三宅しのぶ、サクラらが描かれた第7話のカットも公開された。

 「住めば都」では、諸星あたるたちが面堂家が経営する豪華なプールで遊ぶことに。水着姿のサクラに興奮したあたるが殴られてプールに沈むと、底には妖怪が潜んでいた。妖怪に面堂終太郎は立ち退けと言う。「生ゴミ、海へ」では、あたるたちが海へ行き、しばらく妖怪と過ごした後、妖怪を箱に入れて捨てようとする。しかし、自分が捨てた箱と勘違いした少年に、妖怪が入った箱を奪われる。

 プールの妖怪を演じた中野さんは、「うる星やつら」について「初めて読んだのは中学生のころでした。絵を描くのが大好きな僕は、当時ラムちゃんの絵……ではなくクラマの絵をひたすらに描いていました。あの髪形を描くのが好きでした。牛若丸の回を何度も見ていたのを覚えています」と思い出を語り、「そんな作品に、今!僕が!?と震えております」と出演の心境を語っている。

 アフレコについては「初めてのアニメのアフレコでドキドキでしたが、(あたる役の)神谷(浩史)さんと(ラム役の)上坂(すみれ)さんが緊張しないように話しかけてくださり、(錯乱坊役の)高木(渉)さんがくしゃみをした僕にティッシュを別部屋から持ってきてくださったりと、優しさのお陰様で夢のような時間でした」と振り返った。「プールの妖怪は、白々しいくらいに可愛くて大好きな妖怪です。のほほんとしてますが愛に生きる熱い一面も持っています。演じててとっても楽しかったです。皆さんにも愛してもらえるとうれしいです!」とメッセージを送った。

 「うる星やつら」は、「めぞん一刻」や「らんま1/2」「犬夜叉」などでも知られる高橋さんの代表作の一つ。高橋さんは、1978年に「勝手なやつら」でデビューし、「うる星やつら」は1978~87年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された。趣味はガールハントの高校生・諸星あたると、地球に来た鬼族の娘・ラムの日常が描かれた。テレビアニメがフジテレビ系で1981年10月~1986年3月に放送された。

 新作は、同作を刊行する小学館の創業100周年を記念して、原作のエピソードを選び抜き、全4クールでテレビアニメ化されることになった。神谷さんが諸星あたる、上坂さんがヒロイン・ラムを演じるほか、内田真礼さんや宮野真守さん、高木さん、沢城みゆきさん、花澤香菜さん、小西克幸さん、早見沙織さんら豪華声優が出演。1980年代に放送されたテレビアニメであたるを演じた古川登志夫さん、ラムを演じた平野文さんも出演。古川さんはあたるの父、平野さんはラムの母をそれぞれ演じる。

 「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」などの高橋秀弥さん、木村泰大さんが監督を務め、david productionが制作する。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画