二宮和也:松坂桃李、中島健人ら「ラーゲリより愛を込めて」出演者でanan表紙に

「ラーゲリより愛を込めて」の出演者が表紙を飾った「anan」2327号 (手前左から)中島健人さん、二宮和也さん、桐谷健太さん、(左奥から)松坂桃李さん、安田顕さん(C)マガジンハウス
1 / 1
「ラーゲリより愛を込めて」の出演者が表紙を飾った「anan」2327号 (手前左から)中島健人さん、二宮和也さん、桐谷健太さん、(左奥から)松坂桃李さん、安田顕さん(C)マガジンハウス

 主演の二宮和也さんをはじめとした映画「ラーゲリより愛を込めて」の出演者が、12月7日発売の女性誌「anan(アンアン)」(マガジンハウス)2327号の表紙を飾ることが明らかになった。二宮さんと共演の松坂桃李さん、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん、桐谷健太さん、安田顕さんという“主役級”の5人が表紙とグラビアページに登場している。

 同号は「免疫力を上げる、温活。」特集。二宮さんら5人が出演した「ラーゲリより愛を込めて」は、第二次世界大戦の日本敗戦後のシベリアを舞台に、5人をはじめとした登場人物が想像を絶する苦難に見舞われながら、いつか来るダモイ(帰国)の日を夢見てお互いに励まし続けるというストーリー。そこで、今回の撮影は「この5人が、もし平和な時代の日本で出会い、仲間同士で写真を撮ったなら……」というコンセプトで行われた。5人ともモノトーンをメインとしたコートやジャケット、ニットをさらりと着こなして“大人の艶とたたずまい”を表現した表紙になっている。

 中面では、集合カットのほか、二宮さんの単独インタビューとソログラビア、松坂さんと桐谷さん、中島さんと安田さんの組み合わせによるツーショットと対談を収録。インタビューでは作品への真摯(しんし)な思いや互いへのリスペクトなどをうかがわせているほか、対談ではリラックスした雰囲気や、二宮さんと共演しての感想なども語られている。

映画 最新記事