SYNDUALITY:テレビアニメがテレビ東京で2023年放送 鴨志田一がストーリー原案 スタッフ発表

「SYNDUALITY」のPV第2弾の一場面(C)SYNDUALITY
1 / 11
「SYNDUALITY」のPV第2弾の一場面(C)SYNDUALITY

 バンダイナムコグループのバンダイナムコエンターテインメントとバンダイナムコフィルムワークス、バンダイスピリッツによるSFプロジェクト「SYNDUALITY(シンデュアリティ)」のテレビアニメが2023年にテレビ東京ほかで放送されることが分かった。ディズニープラスでも配信される。スタッフも発表され、「アクエリオンEVOL」「ナイツ&マジック」などの山本裕介さんが監督を務めることが分かった。「青春ブタ野郎」シリーズなどの鴨志田一さんがストーリー原案、「マクロス7」などの桂憲一郎さんがキャラクターデザインを担当する。メカアクションシーンなどが描かれたPV第2弾もYouTubeで公開された。

 プロジェクトの舞台となるのは、青い猛毒の雨・ブルーシストが何週間も降り続けた災厄・新月の涙によって、世界人口の92%が消失した世界。記憶を失ったまま眠りについた人類双対思考型AI搭載ヒューマノイド(メイガス)が目を覚ますことになる。PS5、Xbox Series X/S、Steam向けゲームが、2023年に発売されるほか、バンダイスピリッツからフィギュアが発売される。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:山本裕介▽ストーリー原案:鴨志田一▽シリーズ構成:あおしまたかし▽キャラクター原案:neco▽アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:桂憲一郎▽コフィンデザイン:形部一平▽プロダクションデザイン:稲田航▽レジェンダリーデザイン:宮武一貴▽美術監督:益田健太▽音楽:中山真斗▽アニメーション制作:エイトビット

◇キャスト(敬称略)

 ノワール:古賀葵▽シエル:青山なぎさ▽シュネー:M・A・O

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事