倖田來未:仮面ライダーギーツ・簡秀吉との意外な関係に「縁感じる」 父親同士が知り合い

映画「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」の公開記念舞台あいさつに登場した倖田來未さん
1 / 27
映画「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」の公開記念舞台あいさつに登場した倖田來未さん

 歌手の倖田來未さんが12月24日、東京都内で開かれた映画「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル/">仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」(柴崎貴行監督)の公開記念舞台あいさつに登場。主題歌「Change my future」を歌う倖田さんが、仮面ライダーギーツ/浮世英寿(うきよ・えーす)役の簡秀吉さんと同じ京都出身で「うちのお父さんと簡さんのお父さんが友達」と明かすと場内がどよめいた。

 倖田さんは、「(自分の)お父さんからテレビシリーズが始まる前、『簡君が主役をやらはるからよろしくね』って(簡さんの)お父さんからメールが来たと言われた。同郷で、お父さん同士も知り合いで、ご縁を感じました」と意外な関係性を説明し、聞いていた簡さんも驚いていた。

 そんな簡さんは映画にちなみ“頂点”に立ちたいことを聞かれ、「自分とは関係ないのですけど」と前置きし、「冬休みはさまざまな映画が上映されていますが、そのバトルロワイヤルに勝って、仮面ライダーの映画が頂点に立ちたいですね」と主役らしいコメントで会場を盛り上げた。

 映画は特撮ドラマ「仮面ライダーギーツ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)と、2021~2022年放送の「仮面ライダーリバイス」(同)のクロスオーバー作品で、リバイス“最後の物語”となる第1部、ギーツとリバイスが共演する第2部の“シームレス2部構成”。今年で放送開始20周年を迎えた「仮面ライダー龍騎」(2002~2003年)の仮面ライダーたちも登場する。

 デザイアグランプリに招集された英寿(簡さん)らを待っていたのは、何者かによって作り変えられた新たなゲーム「デザイアロワイヤル」。暗躍するゲームマスターの策略で、仮面ライダー同士が激突する前代未聞のバトルゲームが幕を開ける……というストーリー。

 舞台あいさつには、「ギーツ」に出演している仮面ライダータイクーン/桜井景和役の佐藤瑠雅さん、仮面ライダーナーゴ/鞍馬祢音役の星乃夢奈さん、仮面ライダーバッファ/吾妻道長役の杢代和人さん、「デザイアグランプリ」のナビゲーター・ツムリ役の青島心さん、「リバイス」に出演していた仮面ライダーリバイ/五十嵐一輝役の前田拳太郎さん、仮面ライダーライブ/五十嵐大二役の日向亘さん、仮面ライダージャンヌ/五十嵐さくら役の井本彩花さん、映画で仮面ライダーシーカー/轟戒真役を演じている大貫勇輔さん、最悪のゲームマスター・コラス役を演じている池田鉄洋さん、柴崎監督も出席した。

写真を見る全 27 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画