石川界人:ラブコメ愛を熱弁 男女が楽しめる「トモちゃんは女の子!」 等身大の高校生を表現

「トモちゃんは女の子!」に出演する石川界人さん
1 / 17
「トモちゃんは女の子!」に出演する石川界人さん

 「第2回次にくるマンガ大賞」のウェブマンガ部門で1位に選ばれたことも話題の柳田史太さんの青春ラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「トモちゃんは女の子!」が1月4日から、TOKYO MXほかで放送される。主人公・相沢智(トモちゃん)が思いを寄せる幼なじみの久保田淳一郎を演じるのが人気声優の石川界人さんだ。「マンガもほとんどラブコメしか読まない」というほどラブコメ好きという石川さんは、「トモちゃんは女の子!」にほかのラブコメ作品とは違った魅力を感じたという。石川さんに同作への思い、収録の裏側について聞いた。

 ◇「トモちゃんは女の子!」は時代を先取ったラブコメ

 「トモちゃんは女の子!」は、2015年にツイッターで連載を開始。ボーイッシュな主人公の相沢智、幼なじみの久保田淳一郎の不器用ながらも真っすぐな恋愛模様を描く。アニメは「ゴールデンカムイ」などの難波日登志さんが監督を務め、Lay-duceが制作する。

 声優になる前からラブコメ作品が大好きで、中でもマンガ「魔法先生ネギま!」や、ライトノベル「灼眼のシャナ」「ゼロの使い魔」に夢中になったという石川さん。ツイッターで「トモちゃんは女の子!」を知り、新しさを感じたという。

 「僕が『灼眼のシャナ』『ゼロの使い魔』を読んでいたころは、基本的に男1女1で、ほかにライバルのヒロインがいるという構図の作品が多かったんです。『トモちゃんは女の子!』が面白いのは、智と淳一郎という1対1の固定カップルというところ。そういう作品が増え始めたのはここ2、3年ぐらいで、連載されていた当初はまだ1対1の固定カップルがいて、ヒロインと主人公が両片思いになるような作品がはやっている時代じゃなかったかなと。先生は先駆けていたんだなと感じます。そういう意味でも、面白いと思いました」

 原作に魅了された石川さんは、アニメへの出演が決まった際は「受かると思っていなかったのでびっくりしました」と振り返る。

 「自分の好きな作品や、好きなラブコメに関わることがあまりなかったので、オーディションが来てもあまり構えすぎないようにしていて。というか、構えられないんですよね。自分の声がそこから聞こえるのが想像できないから。『トモちゃんは女の子!』のオーディションもすごく難しかったです」

 石川さんが演じる淳一郎は、トモちゃんの実家の空手道場に幼いころから通っており、運動能力が抜群のいわゆる「強い」キャラクターだ。

 「結構ごついキャラクターですし、最初は声を低めに作っていったんです。でも、収録では『等身大で、高校生らしくていい』と言ってもらえたので、声を作らずにやらせてもらえているかもしれないです。テンションが高い時は声も高くなってしまうし、ヘコんでいる時は低くなっちゃう。人間の声の使い方を普通にできていて、すごくお芝居がしやすいです」

 ◇“トモちゃん”高橋李依に衝撃

 コロナ禍ということもあり、分散収録ではあったが、石川さん、トモちゃん役の高橋李依さん、群堂みすず役の日高里菜さん、キャロル・オールストン役の天城サリーさんとは一緒に収録を行うことができ、「掛け合いが非常に楽しかったです」と振り返る。高橋さんの演技には衝撃を受けたという。

 「高橋さんは、ここまで完成された圧のある女性を表現される方なんだ!と、びっくりしました。第1話の収録の時、ご本人にも『えっ、芝居の幅やばくない?』と言いました(笑い)。すごく衝撃的でしたね。しかも、その圧を出しながらも、可愛さも出すのがすごいんですよ。本当にすごい役者さんだなと思いました」

 クールな毒舌キャラ・みすず役の日高さん、イギリス人のキャロル役の天城さんからも刺激を受けた。

 「日高さんが演じるみすずは、感情の起伏は薄くないけどローの状態でずっとしゃべっていく。抑え続けるお芝居だから、大変そうだなと思っていたのですが、言葉で抑揚をつけない代わりに、やり取りの中で抑揚をつけてらっしゃるので、もう熟練の技だ!と。天城さんが演じるキャロルも唯一無二ですよね。恐らく、あれ以外のお芝居もできるんですけど、あれを出せるのはほかの人ではできないという。本当にすてきな現場で、ずっと勉強させてもらっていました。このキャスティングをしてくださった方に拍手したいです」

 ◇ラブコメは宝石 2023年の目標は?

 「トモちゃんは女の子!」は、淳一郎とトモちゃんのピュアな恋模様が描かれる。石川さんは淳一郎を演じ、「高校生らしいし、きれいなもの、純粋なものを見ている気持ちになれるから、演じていてもすごくいいなと思います」と感じているという。

 「ラブコメって男性向けのものが多かったりする中で、今作は女の子が見ても絶対楽しんでいただけると思います。というのも、ラブコメにはよくあるお色気描写が抑えられていて、恋愛にフォーカスが当たっているんです。本当の意味で“ラブコメ”をしている作品で、それこそ少女マンガと少年マンガの中間にあると思います」と、ラブコメ好きの目線で同作の魅力を分析する。

 さらにラブコメへの熱い思いを語ってくれた。

 「高校時代を今僕らが思い返すと、すごくきれいなものだったような気持ちになりますけど、実際当時に立ち返ってみると、もっとドロドロした汚い感情がいっぱいあったよねって思うんです。でも、ラブコメってそれがあんまりないので、僕からするとダイヤモンドを見ているみたいな感じです。人のきれいで純粋な感情は、宝石だと思っています。それが凝縮されたものがラブコメです」

 ラブコメ愛を持って「トモちゃんは女の子!」に臨んだ石川さん。最後に2023年の抱負を聞いた。

 「今年、僕は30歳になるので、残りの10カ月を準備期間として、『すてきな30歳を迎えよう』という気持ちで過ごしたいなと思っています。なるべく心、体を壊さぬよう。なおかつ『いい30歳になったね』と言われるような立ち居振る舞いができるようになりたいなと思っています」

写真を見る全 17 枚

アニメ 最新記事