乃木坂46:「乃木坂ぴょんぴょん世代」 伊藤理々杏、中西アルノらが振り袖でハタチの誓い

乃木神社で振り袖姿を披露した「乃木坂46」の(左から)中西アルノさん、矢久保美緒さん、伊藤理々杏さん、柴田柚菜さん、池田瑛紗さん
1 / 15
乃木神社で振り袖姿を披露した「乃木坂46」の(左から)中西アルノさん、矢久保美緒さん、伊藤理々杏さん、柴田柚菜さん、池田瑛紗さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の伊藤理々杏さんら今年度20歳のメンバー5人が1月6日、乃木神社(東京都港区)できらびやかな振り袖姿を披露した。伊藤さんは、自分たちについて「干支がうさぎ年ということもあるし、乃木坂46は先輩方がたくさん卒業されて、後輩たちが盛り上げていかなければならない、飛躍していかなければならない、ということで、“乃木坂ぴょんぴょん世代”です」と笑顔をみせ、5人でうさぎのようなポーズも披露した。

 伊藤さんは“乃木坂ぴょんぴょん世代”について「どんどん飛んでいかないといけないんじゃないかな、ということで。うさぎ年に、何か意味があるんじゃないかと考えてこれを選びました」と説明。一緒に出席した矢久保美緒さんも「可愛くて覚えてもらいやすいんじゃないかなと思うので、とってもいいと思います」と感想を語った。

 3期生としての抱負を聞かれた伊藤さんは「先輩たちがどんどん卒業されていって、私たちが引っ張っていかないといけない世代になったので、これからよりよい未来が見えるように、もっともっと上を目指せる乃木坂46になれるように、3期生が後輩ちゃんたちを導いていけるように努力したい」と意欲をコメント。具体的な目標を聞かれると「より多くの方にライブを楽しんでいただきたいと思い、国立競技場でのライブを目指して頑張っていきたいと思っております」と語った。

 この日、赤を基調とした振り袖姿を披露した5期生の中西アルノさんは、以前に齋藤飛鳥さんが成人式で赤の振り袖姿だったことに触れ「齋藤飛鳥さんの振り袖姿にあこがれて赤色を選びました」とにっこり。さらに齋藤さんについて「私のことだけでなく、ずっと乃木坂46全体を気にかけてくださる方で。私が29枚目(のシングル)でセンターをやらせていただいたとき『センターってプレッシャーもかかるよね』と何度も声をかけてくださったり、何かあるといつもそばにいてくださったりした方なので……すごく尊敬している先輩ですね」と思いを明かしていた。

 乃木神社での晴れ着お披露目会はグループの恒例行事で、今年で11回目。この日は、柴田柚菜さん、池田瑛紗さんも出席。同じく20歳メンバーの掛橋沙耶香さんはけがの治療のため欠席した。

写真を見る全 15 枚

アイドル 最新記事