どうする家康:初回視聴人数2880万1000人 前年「鎌倉殿の13人」上回る

大河ドラマ「どうする家康」のロゴ (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「どうする家康」のロゴ (C)NHK

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)第1回「どうする桶狭間」(1月8日放送)の視聴人数(リアルタイム+タイムシフト・以下同)が約2880万1000人だったことが分かった。視聴人数はNHK総合とBSプレミアム(BSP)の合計で、総合とBSP両方の視聴者の重複を排除した数字となる。前年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の初回視聴人数約2705万7000人を上回った。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」(共にフジテレビ系)シリーズなどの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

 第1回は15分拡大版で、武士が激しい領土争いを繰り広げていた戦国時代。尊敬する今川義元(野村萬斎さん)の下で、人質ながらも楽しい生活を送っていた松平元康、後の徳川家康(松本さん)は、心優しい姫・瀬名(有村架純さん)と恋に落ちる。このまま幸せな日々が続くと信じていたある日、織田信長(岡田准一さん)が領地に攻め込み、元康は重要なミッションを任される。命からがら任務を果たしたものの、戦場のど真ん中でまさかの知らせが届く。

 義元を討ち取った信長がやって来ることを恐れる元康は、幼いころの記憶がフラッシュバックし、「あれはケダモノじゃ! 飢えた狼(おおかみ)じゃ!」と震える。一方、信長は義元の首をぶら下げ、馬を走らせる。そして「待ってろよ、竹千代(元康)。俺の白兔(うさぎ)」と不敵な笑みを浮かべ……と展開した。

テレビ 最新記事