忘却バッテリー:テレビアニメがクライマックスへ 新ビジュアル公開 「もし一つだけ何かを忘れられるとしたら、何を選ぶ?」

「忘却バッテリー」のビジュアル(C)みかわ絵子/集英社・KADOKAWA・MAPPA
1 / 7
「忘却バッテリー」のビジュアル(C)みかわ絵子/集英社・KADOKAWA・MAPPA

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+」で連載中のみかわ絵子さんの野球マンガが原作のテレビアニメ「忘却バッテリー」が、クライマックスを迎えることを受けて、新たなビジュアルが公開された。要圭を中心に描かれたビジュアルで、「もし一つだけ何かを忘れられるとしたら、何を選ぶ?」というコピーが添えられている。

ウナギノボリ

 「忘却バッテリー」は2018年4月に連載をスタート。中学球界で名をはせた完全無欠の剛腕投手・清峰葉流火、切れ者捕手の“智将”の要圭の怪物バッテリーが、野球無名校の東京都立小手指高校に進学する……というストーリー。圭は記憶喪失で野球に関する知識も失っており、かつて彼らに敗れて野球から遠ざかっていた天才たちも、偶然同校に入学する。

 アニメは、「チェンソーマン」にチーフ演出として参加した中園真登さんが監督を務め、MAPPAが制作する。増田俊樹さんが清峰葉流火、宮野真守さんが要圭をそれぞれ演じる。テレビ東京系で放送中。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画