「親愛なる僕へ殺意をこめて」 あらすじ
過去のあらすじ一覧も掲載

最終更新
記事

この「親愛なる僕へ殺意をこめて あらすじ」ページは「親愛なる僕へ殺意をこめて」のあらすじ記事を掲載しています。

最新あらすじ記事

    親愛なる僕へ殺意をこめて:最終話 “B一”山田涼介VS“亀一”遠藤憲一 殺人鬼LLはどのように生まれたのか

    連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」最終話の一場面(C)フジテレビ

     人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系、水曜午後10時)最終第9話が11月30日に放送される。

     エイジ(山田さん)の父・八野衣真(早乙女太一さん)に罪をなすりつけた連続殺人鬼“LL”は、エイジの義父・浦島亀一(遠藤憲一さん)だった。

     浦島家のリビングで対峙(たいじ)するエイジの別人格B一と亀一。亀一は、真実にたどり着いたB一の推理に感心しながらも、「まだ満点はやれないな」と告げる。そしてLLがどのように生まれたのかを話し始め……。

     原作は累計発行部数120万部を突破した井龍一さん作・伊藤翔太さん画の同名マンガ(講談社)。15年前の連続殺人「LL事件」の容疑者・八野衣真の子で大学生のエイジが、二重人格を悟り、もう一つの人格“B一”が殺人を犯しているかもと不安に駆られていくサスペンス。これまでの物語で、B一が元々の人格で、エイジはB一が作り出した人格と判明。B一は父真の無罪を信じてLL事件の真相を追ってきた。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」 あらすじ記事一覧