MANTANWEB(まんたんウェブ)

動画

志尊淳、声優・木村良平の役作りに「勉強になりました」 映画「バンブルビー」公開記念舞台あいさつ

視聴回数49688

 俳優の志尊淳さんが3月23日、東京都内で開かれた映画「バンブルビー」(トラビス・ナイト監督)の公開記念舞台あいさつに、声優の木村良平さんらと登場。今作で日本語吹き替えに初挑戦した志尊さんは「吹き替えを初めてやってみて、(声優の皆さんが)やられていることの素晴らしさを感じました」と話し、木村さんに役作りについて質問。木村さんの答えに「勉強になりました!」と感激していた。

 木村さんは、志尊さんの質問に、「最初にシナリオを頭から読んでいって、最初に出てきたせりふで“こういうやつなんだ”って分かる。そして次のせりふとか動きで“こういうことをやるんだ”ってつながる気がする。そうすると、一個一個のせりふの間に(キャラクターの性格が)立体的に見えてきて、つながってくる」と答えた。

 さらに志尊さんは、木村さんに「声のトーンや高さの作り方はどのようにされているんですか?」と質問。木村さんは「自分がこいつはこれぐらいでやったら気持ちいいなっていうのを考えている。(吹き替えは)声でバランスをとることが大事になってくると思う。アニメだと(顔で表現することが)ないので、主人公がこの感じでいくんだったら、もうちょっとこっちのキャラクターは(声が)太いとか軽いとか、現場でバランスをとる必要がある」と真剣な表情で答えていた。

 イベントには、日本語吹き替えを担当した志尊さん、木村さんのほか、土屋太鳳さん、悠木碧さん、濱野大輝さん、土屋神葉(しんば)さんも出席。木村さんの役作りについて聞いた太鳳さんは「すごい! だからせりふの一つ一つが立体的だったんですね」と、志尊さんと同じく感動する姿を見せた。木村さんは、志尊さんと太鳳さんの共演に「とても新鮮で楽しかったです」と語っていた。

 「バンブルビー」は、映画「トランスフォーマー」シリーズの最新作。バンブルビーがシリーズ1作目で主人公サムと出会う前の1980年代が舞台。チャーリーがトランスフォームした生命体を廃品置き場で見つけ、バンブルビー(黄色い蜂)と名付ける……という展開で、バンブルビーが声を失った秘密も明かされる。

動画アーカイブ

まとめタグ

このページのトップへ戻る