動画

山寺宏一、実写版“冴羽リョウ”の吹き替えに「プレッシャーしかなかった」 映画「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」吹き替え版完成披露イベント

視聴回数4834

 声優の山寺宏一さんが10月20日、東京都内で行われた、北条司さんのマンガ「シティーハンター」をフランスで実写化した映画「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」(フィリップ・ラショー監督、11月29日公開)の完成披露試写会に登場。山寺さんは「神谷明さんが演じていた冴羽リョウをずっと見て、その愛にあふれる実写をお作りになったフィリップ・ラショーさんが演じる冴羽リョウの吹き替えを担当した山寺宏一です。感無量です!」とあいさつし、「神谷さんが『山ちゃんやりな』って言ってくださらなかったら絶対やらなかった。神谷さんにそう言っていただいたので頑張りました」とアニメ版でリョウを演じてきた神谷さんの“後押し”があったと話した。

 この日は神谷さん、主演も務めたラショー監督、沢城みゆきさん、伊倉一恵さんも出席。神谷さんは、リョウ役が山寺さんに決まった経緯について「ラショーさんの演じる冴羽リョウは、アニメのリョウとは若干違うということで、僕のイメージの中では山ちゃんしかいなかった」と切り出し、「『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』の打ち上げのとき僕からお願いしました。僕の目に狂いはなかったです。本当にすばらしい。我がことのようにうれしい」と喜んでいた。

 山寺さんは「恐縮です」と照れたような笑顔を浮かべ、「新人の頃から間近で見て、ずっと神谷さんにあこがれていた。伊倉さんは養成所の先輩。ずっとご指導を賜っているお二人ですから(演じるのは)プレッシャーしかなかった」とアフレコ当時の心境を振り返った。

 「シティーハンター」は、1985年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まったマンガ。東京・新宿で、裏社会ナンバーワンの始末屋(スイーパー)冴羽リョウの活躍が描かれた。1987~99年にテレビアニメが放送されたほか、3作の劇場版アニメが製作された。今年2月に新作劇場版「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」が公開されたことも話題となった。フランス実写版は、今年2月に公開され、フランスだけで約168万人を動員した話題作。

動画アーカイブ

PHOTO

このページのトップへ戻る