新木優子:“ベストジーニスト”授賞式でおなかちら見せ ジーンズは「相棒」 「ジーンズ愛する1人としてこれからも」

1 / 7

第38回「ベストジーニスト2021」に選出され発表会に出席した新木優子さん

 女優の新木優子さんが、「最もジーンズが似合う有名人」を選ぶ、第38回「ベストジーニスト2021」(日本ジーンズ協議会主催)の一般選出部門「女性部門」で選ばれ11月25日、東京都内で行われた授賞式に出席。デニムパンツに白のトップスを合わせ、おなかをちら見せさせたファッションで登場し、「これまでジーンズは“相棒”のような存在として、ファッションに取り入れて、楽しませてもらいました。皆さんに『ジーンズが似合う』と言っていただけているような気がしますので、この賞に見合うように、ジーンズを愛する1人として、これからもジーンズの楽しみ方を模索していきたいと思います」と語った。

 新木さんは、この日のデニムパンツについて、「今回思い入れのあるデニムをはきたくて、自前のデニムをはいてきました」と説明。「海外にお仕事で行ったときに、ヴィンテージショップで買ったもので、思い入れのあるデニムです」と話した。

 一般選出部門は、ランダムに選ばれた10~50代の2000人から「最もジーンズが似合う芸能人」を聞き取り、候補者を選定。一般投票をインターネットで実施して、候補者の中から男女上位1人をそれぞれ決定する。「男性部門」では、人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さん、主催者が選考した「協議会選出部門」では、声優の林原めぐみさん、お笑いタレントの東野幸治さんが選出された。

 ベストジーニストは、ジーンズを着る楽しさなどを広く知らせるため1984年から開催。過去に木村拓哉さん、亀梨和也さん、草なぎ剛さん、浜崎あゆみさん、倖田來未さんが「一般選出部門」を5回受賞し、「永久ベストジーニスト」として殿堂入りした。2013年度からは3回の受賞で殿堂入りすることに変更され、相葉雅紀さん、ローラさん、藤ケ谷太輔さんも「永久ベストジーニスト」に名を連ねている。

写真を見る全 7 枚
芸能 最新記事