錦戸亮:「興奮しました」サッカー日本代表にエール 初主演映画「ちょんまげぷりん」試写会で

映画「ちょんまげぷりん」の完成披露試写会に登場した(前列)鈴木福君、(後列左から)ともさかりえさん、中村義洋監督
1 / 1
映画「ちょんまげぷりん」の完成披露試写会に登場した(前列)鈴木福君、(後列左から)ともさかりえさん、中村義洋監督

 アイドルグループ「NEWS」と「関ジャニ∞」に所属する錦戸亮さん(25)が16日、東京都内で行われた初主演映画「ちょんまげぷりん」(中村義洋監督)の完成披露試写会に登場。役柄が侍であることから、“サムライブルー”をテーマカラーとしているサッカーW杯日本代表について聞かれた錦戸さんは「(日本戦を)見てました。興奮しましたね。日本(代表)も頑張ってほしいし、ちょんまげぷりんも頑張ります」と笑顔でコメントした。

 また錦戸さんは、劇中でケーキ作りをしていることから家事について聞かれると「気が向いたらやるんです。2~3日はきれいだけど、ズボンとかパンツとかいっぱい落ちてます。それを(拾って)はいていったりとか」とコメントし、慌てて「パンツははかないです」と撤回して観客の笑いを誘っていた。「みなさんに(映画を)お見せできるのはうれしいし、緊張でいっぱい。絶対楽しめると思う」と自信をみせていた。

 映画は、「チーム・バチスタの栄光」「ゴールデン・スランバー」などを手がけた中村監督が、荒木源さんの小説「ふしぎの国の安兵衛」を基に脚本を書き上げて映画化。錦戸さん演じる180年前の江戸から来た侍の木島安兵衛(きじま・やすべえ)が、シングルマザーのひろ子(ともさかりえさん)とその息子とともに暮らし始め、お菓子作りの手腕を発揮し、人気パティシエになる。一緒に暮らすうち、かけがえのない存在となっていく3人だが、やがて別れが訪れてしまう……というストーリー。

 共演のともさかりえさん(30)は「私はリアルシングルマザーで(子役の鈴木)福ちゃんと同じ年の子どもがいるので、人のこととは思えなかった。いろんな世代の人に見てもらいたいけど、個人的には働くお母さんたちにも見てもらいたい」と話していた。

 舞台あいさつにはひろ子の息子役の鈴木福君(6)、中村監督、原作者の荒木さんも登場。エンディング曲は、昨年5月に死去した忌野清志郎さんの「REMEMBER YOU」が起用されている。映画は7月31日から全国ロードショー。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る