浜崎あゆみ:ツアー最終日に号泣のラスト「自身最高のエンターテインメントショー」

アイドル
ツアー最終日、アンコールの最後の曲を熱唱しながら号泣する浜崎あゆみさん

 歌手の浜崎あゆみさんが11日、国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)で、4月から始めた全国アリーナツアーの特別公演「ayumi hamasaki Rock'n'Roll Circus Tour FINAL ~7days Special~」の最終日を迎えた。ツアーは浜崎さん自身が「浜崎あゆみ史上最高のエンターテインメントショー」と公言するほどで、この日は、03年のスペシャルライブ以来7年ぶり2度目というウエディングドレス姿を含めツアー最多の衣装11点を披露し、約1万3000人のファンを魅了。アンコールの最後には思わず号泣するほどの熱唱をみせた。

 同ツアーは「サーカス特有のドキドキワクワク感と、ファンタジーなのかリアルなのか分からないような多面性を秘めたエンタテインメントショー」をコンセプトに全国13カ所41公演をこなし、観客総動員数は約40万人。なかでも特別公演となる「7days special」はバージョンアップし、この日、浜崎さんは、「Microphone」ではゴールドと黒の特大ロック風ドレス、「MOON」では約300個のバラ付きのピンクのドレスのほか、全身ミラー・コルセットなど全11点の衣装に身を包み、アンコール、メドレーを含む全28曲を熱唱した。

 50枚目シングル「L」の収録曲で小室哲哉さん作曲の「Virgin Road」の際は、浜崎さんは約50メートルのロングベールを付け、ウエディングドレス姿でアリーナを横断。また、上空約15メートルのクレーンの上からアリーナ席を見下ろし、「まだまだ!」「もっと!」とファンをあおりながらメドレーを歌い上げた。

 アンコールで「ツアーのファイナルをきちんと締めくくりたい気持ちを強く持っている。代々木の7日間で最高の幕を下ろそうと1曲目からパワーのぶつけ合いががっつりできて、最高の舞台になっています。ありがとう」とファンに呼びかけた浜崎さんは、「blossom」のほか、ソフトバンクモバイルのCMで“流しのAyu”として歌った「ただの雨」をアカペラで披露。「Sweet Season」では、MCでファンにレクチャーしたダンスを全員で踊り、会場と一体に。そして、最後は「TM NETWORK」の名曲「SEVEN DAYS WAR」。ほおには思わず涙がこぼれ、歌が途切れたが号泣したまま力強く歌い続けた。

 この日の模様は、来春、3Dで劇場公開が予定されている。(毎日新聞デジタル) 

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る