MANTANWEB(まんたんウェブ)

はじめの1巻:「ふうらい姉妹」正統派の4コマギャグ “暴走”はどこまで?

マンガ
長崎ライチさんの「ふうらい姉妹」(エンターブレイン)1巻

 1巻が発売されたコミックスの中から、編集部と書店員のお薦めマンガを紹介する「はじめの1巻」。今回は「フェローズ」(エンターブレイン)で連載、おバカなせりふを連発する姉妹の日常を描いた長崎ライチさんの「ふうらい姉妹」です。

 姉のれい子は、美人だが「遺伝子」を「いでんこ」と言い間違えるなど、かなり問題のあるキャラクター。妹のしおりも、しっかり者に見える小学生だが、姉の的外れな発言に突っ込むとおもいきや、同調することもしばしば。2人姉妹の“暴走”はとどまるところを知らず……という4コマギャグマンガだ。

 ◇エンターブレイン フェローズ編集部 塩出達也さん 「公共の場で読むのは少し危険な気も」

 「ふうらい姉妹」の連載を始める前に作者の長崎ライチさんと話していたのは、「できるだけ4コマ目で落としましょう」ということでした。

 ストーリー4コマという「4コマ目で落ちない4コママンガ」が多くなっている中、とにかく4コマで人を笑わせることにこだわっていきましょう、と。

 1本1本ネタを練るのは、かなりきついことですが、長崎さんは毎回見事にやり遂げています。

 その集積がこの単行本第1巻です。なので、ネタがぎっしり詰まった非常に濃厚な1冊になっています。

 このマンガで新しいと思うのは、妹のしおりの存在です。姉のれい子は徹頭徹尾、ボケ倒していきます。それに対して妹のしおりは、厳しく突っ込むときもあれば、菩薩のように受容することもあるし、乗っかってダブルボケになることもあります。この「ゆらぎ」が予測不可能で、笑いのバリエーションを生んでいます。

 そんな「ふうらい姉妹」第1巻、トイレや枕元に置いてちびちびと、繰り返し楽しんでいただけるとうれしいです。公共の場で読むのは、少し危険な気がします。

 ◇書店員の推薦文 青森・伊吉書院類家店の中村深雪さん 「不条理さに飲み込まれる感じがたまりません」

 頭で考えなくても直感でおもしろいと思ってしまうマンガに出会えることに幸せを感じるのですが、こういうマンガはそれの最たるものだと思います。流行の萌(も)え4コマとも違う、既存の形に当てはまらない予想外の不条理さに飲み込まれていく感じがたまりません。おねえちゃんのアホウぶりにも、そんなおねえちゃんをゆるくフォローしているようで、実は自身も相当な天然である妹・しおりの丁寧口調なツッコミにもニヤニヤさせられっぱなし! ちょっとレトロな絵柄もまたいい味出してます。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る