MANTANWEB(まんたんウェブ)

平岡祐太:女形挑戦で「早乙女君みたいな流し目を」

芸能
「淋しいのはお前だけじゃない」の製作発表会見に登場した平岡祐太さん

 俳優の平岡祐太さんがこのほど、東京・浅草の雷5656会館・ときわホールで行われた舞台「淋しいのはお前だけじゃない」の製作発表会見に登場。同作で由良市太郎という女形の役に挑戦する平岡さんは「舞台ではずっと流し目をやってみたいと思っていた」と大衆演劇「劇団朱雀」の2代目、早乙女太一さんを見たときからずっと流し目をやりたいと思っていたことを語った。

 同作は1982年にTBS系ドラマで放送され、当時社会問題となった「サラ金」をテーマにした社会派ドラマで、脚本を手掛けた市川森一さんが第1回向田邦子賞を受賞している。今回は脚本を戯曲家でもある蓬莱竜太さん、演出をマキノノゾミさんが担当する。

 会見は19日あり、平岡さん、大川さん、蓬莱さん、マキノさんのほか中村獅童さん、長谷川京子さん、草刈民代さんが登場。平岡さんは「高いハードルは女形という役」と語り、大衆演劇の「劇団九州男(げきだんくすお)」座長の大川良太郎さんを引き合いに「現場で(共演する)大川さんもいらっしゃいますし、厳しい指導をお願いしたいです」と意気込んでいる。

 また東日本大震災に関連し、つらいことや悲しいことをどう乗り越えてきたかという質問に対して平岡さんは「18才で上京した時は独りぼっちで孤独だったがMr.Childrenの『Everything』を聴いて東京でも頑張っていこうと前向きな気持ちになりました」とコメントし「舞台で一生懸命やっている姿を見せることが自分の使命。舞台を通じて元気が伝われば」と答えた。

 舞台は、消費者金融の取り立て屋・沼田薫(中村さん)が妻よし江(長谷川京子さん)と細々と暮らしていたが、ある日、影のオーナー国分からある仕事を依頼される。国分の愛人だった由良常子(草刈さん)とその息子・市太郎(平岡祐太さん)から慰謝料として2000万円を取り立てることだった。しかし、常子が昔世話になった花村月之丞の娘だと知った沼田は、2人を救うため国分を相手にひと芝居打つことに。そのことが国分に知れ、逆に2人の借金2000万円の連帯保証人にされてしまう。途方に暮れる沼田に、常子は花村月之丞一座を旗揚げし、そのおひねりで借金を返済しようと持ち掛ける。こうして借金まみれの旅一座が出来上がっていくのだった……というストーリー。

 公演の日程は、6月17~26日「赤坂ACTシアター」(東京都港区)、7月1日~9日御園座(名古屋市)、7月6~7日兵庫県立芸術文化センター・阪急中ホール(兵庫県西宮市)、7月9日りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場(新潟市)。なお、興行収入の一部はJNN・JRN共同災害募金を通じて東日本大震災の義援金として寄付される。(毎日新聞デジタル)

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る