西原理恵子:福本伸行ら人気マンガ家12人が福島県川俣町で支援イベント

マンガ
福島県川俣町の支援イベントで(左から)古川道郎(みちお)川俣町町長、マンガ家のかわぐちかいじさん、浦沢直樹さん、かざま鋭二さん、西原理恵子さん、福本伸行さん=2011年4月23日、志摩和生撮影

「カイジ」の福本伸行さん、「毎日かあさん」の西原理恵子さん、「20世紀少年」の浦沢直樹さんら人気マンガ家12人が23日、福島県川俣町で被災地支援イベント「いらっしゃい、川俣町。」に参加、サイン会などを行った。

 イベントは、東京・吉祥寺のホルモン居酒屋「わ」の光山英明店主らが企画、同店のなじみ客である福本さんがマンガ家仲間に参加を呼びかけた。川俣町は町の一部が「計画的避難区域」に指定されたばかり。町を励ますため光山店主らが提供する炊き出しも行われ、町民ら約2000人が会場の川俣町体育館に詰めかけた。

 参加したマンガ家は、西原さんらのほかに板垣恵介さん、かわぐちかいじさん、かざま鋭二さん、佐藤秀峰さん、葉月京さん、東村アキコさん、真鍋昌平さん、本そういちさん、森川ジョージさん。また、支援の色紙を、井上雄彦さん、しげの秀一さん、ちばてつやさん、藤沢とおるさん、CLAMP、江口寿史さんらが寄せた。

 12人のマンガ家によるサイン会の会場には、雨の中、約600人が列を作った。浦沢さんはギターを携え、映画「20世紀少年」の挿入歌を熱唱。西原さんは「風評被害を笑顔ではね返して」と語り、サインをもらった子どもたちは「元気になりました」と笑顔に。地元の人から「福島に来てくれてありがとう!」の声が飛んだ。(毎日新聞デジタル) 

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る