注目ドラマ紹介:「アスコーマーチ」 武井咲が連ドラ初主演、油まみれの工業高生に

ドラマ「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」のスタジオで行われた制作会見での出演者たち
1 / 1
ドラマ「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」のスタジオで行われた制作会見での出演者たち

 女優の武井咲(えみ)さんが初主演する連続ドラマ「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」(テレビ朝日系)が24日からスタートする。ファッション誌「セブンティーン」の専属モデルで、ドラマやCMでも活躍中の武井さんが、油まみれになりながら奮闘する工業高校の紅一点を体当たりで演じていく。

 ドラマは、アキヤマ香さんが「YOU」(集英社)で連載中の人気マンガ「アスコーマーチ!~県立明日香工業高校行進曲~」が原作。ドラマは、あこがれの女子高を不合格となり、補欠入試で県立明日香工業高校(アスコー)に入学することになった主人公・吉野直(武井さん)は、新入生148人中、女子はたった3人で、クラスに女子は自分だけという状況にがく然とする。クラスメートの玉木誠(賀来賢人さん)らともなじめめず、彼らを見下すような態度をとってしまう。口を開けばケンカばかりの輪島豪(南圭介さん)や、広瀬里美(石田卓也さん)、村井一(金井勇太さん)、どこかで冷めた態度で他の生徒とは距離を置いている竹内和也(永山絢斗さん)など、周囲は強烈なキャラクターの男子ばかり。さらに、ホストのアルバイトをしている横山有人(松坂桃李さん)からは学校内で突然迫られてしまい……というストーリー。

 直たちのクラスを受け持つ担任教師を勝村政信さん、養護教諭役を白石美帆さんが演じるほか、菊川怜さんも“謎の女”として特別出演。剛力彩芽さん、松山メアリさんらも出演する。主題歌は「FUNKY MONKEY BABYS」の「それでも信じてる」。放送は毎週日曜午後11時~同55分の予定。(毎日新聞デジタル) 

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る