MANTANWEB(まんたんウェブ)

香取慎吾:SMAPメンバーは「友だちを通り越した存在」 映画「フレンズ もののけ島のナキ」製作会見

アニメ ブック 映画
劇場版アニメ「friends もののけ島のナキ」の製作発表会見に登場した山寺宏一さん

 人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん(34)が25日、主役・赤おにの声を担当した劇場版アニメ「フレンズ もののけ島のナキ」(山崎貴、八木竜一監督)の東京都内で開かれた製作発表会見に登場。友情の大切さが描かれる同作品にちなんで、どこまでも友だちな存在について聞かれた香取さんは、「SMAPの他のメンバー。どこまでも友だちといえるし、友だちを通り越した存在ですね」とグループ内の強いきずなを感じさせた。

 映画は、童話作家・浜田広介さんの「泣いた赤おに」を原案にしたストーリーで、「ALWAYS 三丁目の夕日」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の山崎監督が、20年来の盟友である八木監督とともに手がけた日本独自の3DCGアニメ。香取さん演じる赤おにのナキやナキの唯一の親友で青おにのグンジョー(山寺宏一さん)、さまざまな「もののけ」が住む「もののけ島」に、一人の子ども・コタケが迷い込むところから物語が始まる。阿部サダヲさん、YOUさん、加藤清史郎君らも声優を務めている。

 同作は通常のアフレコではなく、先に収録した音声に合わせて映像を作る「プレスコ(プレスコアリングの略)」という手法を取っており、この日上映された同作のフッテージ(素材)映像を見た香取さんは「素晴らしい映像でびっくりしました。自分は映像を見て声を入れたわけではなくて、本当にやりたいように演じさせていただいたものに、あとからキャラクターの表情がついたりして、今まで味わったことのない感覚。こんなにスケールの大きな中に自分が入れて本当に幸せ」と笑顔だった。山寺さんは、香取さんの声優ぶりに「パーフェクトだと思います。とにかく、そのキャラクターになりきるのと、すぐにキャラクターになれるのがすごい」と絶賛していた。映画の3D版は12月17日から2D版とともに同時公開される予定。(毎日新聞デジタル)

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る