MANTANWEB(まんたんウェブ)

坂本真綾:“生の”ネコ役に初挑戦  映画「キミとボク」インタビュー

アニメ 映画
インタビューに答えた坂本真綾さん

 実話を基にした人気ウェブのフラッシュアニメの実写版映画「キミとボク」(窪田崇監督)が14日から公開される。公開に先立ち、アメリカンショートヘアのネコ・銀王号(「ボク」)の声と主題歌を担当した声優の坂本真綾さんに、実物のネコの声に初挑戦した感想や映画の大きなテーマである「愛するペットとの別れ」などを坂本さんのペットとの思い出を交えながら語ってもらった。(毎日新聞デジタル)

 「キミとボク」は、クリエーターとして活躍するやまがらしげとさんが実体験を基に制作したウェブアニメ。マンガ家を目指す青年「キミ」とネコの「ボク」との心の交流や出会いと別れを描き、01年にインターネット上で公開されて人気を集め、公開から10年がたった今でも累計500万ページビューと根強い人気を誇る作品。09年1月には書籍化もされ、販売部数は2万部を突破している。映画では主演の青年「キミ」を俳優の中村蒼さんが演じる。

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の真希波・マリ・イラストリアス役や「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」のヒロイン・ジュリア役など数多くの役をこなすトップ声優の坂本さんだが、本物のネコは初めて挑戦する役で「(見ている人に)人間の声としか受け取られなかったらどうしようか」という不安もあったという。しかし一方で「銀王号がこう話してくれたらいいなというイメージもあったので、自分にできるのは(自分が思い描く)イメージに近づくことかなと思った」とオファーを受けたときの心境を明かした。窪田監督からも特に具体的な指示はなかったが、坂本さん自身は「銀王号の声は(性別もない)無色透明であるイメージ」ということを念頭に置きながら収録に臨み、実際の収録もスムーズに進んでいったという。

 共演の中村さんと会ったのは吹き替え収録の日で、映画の撮影は終わって仮編集が済んだ段階。収録の日は原作者のやまがらさんも立ち会い、銀王号の飼い主だったやまがら先生と、銀王号を演じたネコと撮影でずっと一緒だった中村さんに挟まれながらの収録は大きなプレッシャーだったという坂本さん。やまがら先生は収録の途中から、銀王号のことを思い出していたのかずっと泣きっぱなしだったそうだが「(後日)褒めていただけたのでほっとしています」と安心した様子だった。

 坂本さんにペットとの思い出を聞いてみると、小学生のときにハムスターを飼っていたことがあり、今でも疲れたときなど夢に出てくることがあるという。「命は限定されているが、その人の思い出の中でずっと残っていることを考えると、一緒に過ごした時間がすてきなものであるほど命はずっと続いているような感覚で残っているのではと思う」と今でも坂本さんの心の中には大切なペットが生き続けていると話してくれた。

 「愛するペットとの別れ」が本作品の大きなテーマだが、坂本さんは「一度(死別を)経験した人にとっては見るのがつらい場面もあるかもしれない。しかしだからこそこれを映画にしたんだと思う。一緒に分かち合った、生きていた時間、喜び、幸せな風景もいっぱいあったわけで『目をそらしちゃいけない』ということを(この映画は)訴えている気がする。『死』というものですべてを失ったというよりも、美しかった時間をずっと持って生きていくということに目を向けてほしいというメッセージがある」とファンに向けて映画のメッセージを伝えた。

 坂本さんが歌う主題歌「手紙」は、「寂しさ」や「別れのつらさ」よりも「本当にありがとう」という感謝の気持ちをこめて銀王号の目線で書き下ろした。主題歌「手紙」を収録したアルバム「You can't catch me」は3045円で発売中。

 <プロフィル>

 さかもと・まあや。1980年3月31日生まれ。東京都出身。幼少より劇団の子役として活躍。15歳から、本格的に音楽活動を開始。ナチュラルなボーカルと、みずみずしい感性に裏づけられた作詞力が各方面から高い評価を得る。ベストアルバム「everywhere」、アルバム「かぜよみ」、「ニコパチ」、ライブDVDなどでオリコン最高位3位を獲得。09年1月、初のホールライブツアー(東京国際フォーラム、大阪厚生年金会館、名古屋芸術劇場)を敢行。10年、デビュー15周年をむかえ、日本武道館でのライブを実施し、1万3000人を動員。音楽以外の分野でも、舞台(03年~東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役を務める)、声優、執筆、ラジオパーソナリティーなど多方面で活動、日本国内のみならず世界各国のファンから支持を集める。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る