MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:年末商戦本格スタート! 期待は「ゼルダ」

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 Z指定(18歳以上対象)タイトルの「コールオブデューティ モダン・ウォーフェア3(字幕版)」(PS3・Xbox360、スクウェア・エニックス)がトップでした。前作と比べても確実に売り上げを伸ばしており、PS3を買ったら遊びたいゲームの有力候補になっているということでしょう。2位の「ワンピース・ギガントバトル!2 新世界」(DS、バンダイナムコゲームス)はまあまあ。フィギュア付きの限定版がすぐに完売したことからも、若干ファンの年齢層が上がっていることがうかがえ、やや低年齢層からは離れていっているのかもしれません。3位は「二ノ国 白き聖灰の女王」(PS3、レベルファイブ)。内容がかなりいいだけに、DS版のユーザーにしかリーチできていないのは残念ですね。なお、9位の「セインツロウ ザ・サード」(PS3)は売り切れてしまいました。

 ◇今週の動き

 いよいよ今週から年末商戦が本格スタート。今年は「スーパーマリオ3Dランド」(3DS、任天堂)が月初に発売されたこともあり、例年より早く年末商戦に入ったものの、今週からが本番です。

 首位は「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」(Wii、任天堂)で間違いないでしょう。据え置き機では久々の新作で、テレビCMも大量投入されており認知もばっちり。6月に発売された「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」(3DS、同)からの回帰層も取り込み、コアユーザーには本格的なアクションRPGとして、ライトユーザーにはゲーム経験に左右されない直感的な操作と、幅広い層の需要が見込めます。

 2位は「セブンスドラゴン2020」(PSP、セガ)か。前作のユーザーをしっかり取り込めるでしょう。3位は「聖闘士星矢戦記」(PS3、バンダイナムコゲームス)、「ダンボール戦機BOOST」(PSP、レベルファイブ)あたりか。ほかには「太鼓の達人Wii 決定版」(Wii、バンダイナムコゲームス)、「メタルギア ソリッド HDエディション」(PS3、KONAMI)、「バットマン:アーカム・シティ」(PS3・Xbox360、ワーナー・ホーム・ビデオ)あたりも注目です。

 ◇ランキングは次の通り。(14~20日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 コールオブデューティ モダン・ウォーフェア3 字幕版(PS3)

2位 ワンピース・ギガントバトル!2 新世界(DS)

3位 二ノ国 白き聖灰の女王(PS3)

4位 スーパーマリオ3Dランド(3DS)

5位 戦国BASARA3 宴(PS3)

6位 ファイナルファンタジー零式(PSP)

7位 初音ミク プロジェクトディーヴァ エクステンド(PSP)

8位 俺の屍を越えてゆけ(PSP)

9位 セインツロウ ザ・サード(PS3)

10位 アルティメットマーヴルバーサスカプコン3(PS3)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約500店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。96年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。02年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る