MANTANWEB(まんたんウェブ)

阿部寛:映画「麒麟の翼」初日に感無量 自信作に「間違いありません」

ブック 映画
映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」の初日舞台あいさつに登場した阿部寛さん(左)と新垣結衣さん

 俳優の阿部寛さんが28日、東京都内で行われた映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」(土井裕泰監督)の初日舞台あいさつに新垣結衣さんら共演者と登場。 連続ドラマ、スペシャルドラマをへて、劇場版の初日を迎えたことについて、阿部さんは「加賀シリーズは『新参者』から愛していただいて、今回より深い人間ドラマが完成しました。感無量です」とコメント。MCから「自信作といっていいですか?」と聞かれた阿部さんは、「間違いありません」と力を込めた。今作でミステリー作品に初挑戦した新垣さんは、「プライベートでそういう作品を見ることがなかったけど、見る機会増えました。人の心にぬくもりを与えてくれるこの作品が、初めてのミステリー作品になれてうれしい」と笑顔を見せた。

 「麒麟の翼」は、人気作家・東野圭吾さんの小説「加賀恭一郎シリーズ」の最新作が原作で、阿部さんが主人公の刑事・加賀恭一郎を演じたドラマ「新参者」(TBS系)のキャストを引き継ぐ形で映画化した。原作の舞台となった東京・日本橋や人形町で実際に撮影され、阿部さんや溝端淳平さん、黒木メイサさんらドラマのキャストが再び集結。昨年1月に放送されたスペシャルドラマ「赤い指~『新参者』加賀恭一郎再び!」に登場した田中麗奈さんや山崎努さんも出演する。

 親子や家族、愛する人との絆をテーマにした同作について、新垣さんは「思春期などもあって家族との距離がすごく開いたときもありました。今も若干引きずっているなと思いますが」と前置きした上で、「この作品に関わって、家族や大切な人への思いがより素直に表現できるようになってきた気がします。一生の中で限られた時間をせっかく一緒にいるんだから、笑顔で過ごしたいじゃないですか」とにっこり。TBS系ドラマ「ドラゴン桜」で先生と生徒を演じて以来、6年ぶりに新垣さんと共演した阿部さんは「感動しました」と“教え子”の成長ぶりに目を細めていた。

 新垣さんの話を聞いて自身の父親の顔が浮かんだという阿部さんは、「この歳になって80歳を過ぎたおやじとよく話します。先日、戦争の話を聞いて、『そうか経験してきたんだ』と思ったんですね」と父親とのエピソードを披露。「あとで言ってもしょうがないですけど、もっといろんな話をできるだけ早くおやじとするべきだったと思うんです。映画からいろんなことを学ばさせてもらいましたし、みなさんも映画からいいきっかけをもらって、いつの日か役に立っていただけると信じてます」としみじみと語った。

 同映画のキャンペーンで、札幌・大阪・福岡など全国の七福神を祭る各地の神社を訪ね、ヒット祈願を行ったという阿部さんは、「こんなこと言っていいのか分からないですけど、神風が吹いたりして、僕があいさつする前に看板が倒れたりとか各地でいろいろありました。当たる映画というのは、こういう当たりがありますから、みなさんの力で(ヒットを)お願いします」とユーモアたっぷりに呼びかけた。映画は28日から全国で公開中。(毎日新聞デジタル)

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る