NHK連続テレビ小説:13年前期はクドカン書き下ろし作

テレビ
NHK連続テレビ小説の脚本を書き下ろす宮藤官九郎さん

 13年4月から放送予定のNHK連続テレビ小説の脚本を、人気脚本家の宮藤官九郎さん(愛称、クドカン)が書き下ろすことに決まった。宮藤さんが同局のドラマを手がけるのは初めて。

 宮藤さんは70年7月19日生まれ。これまでにテレビドラマ「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」(ともにTBS)、映画「GO」(行定勲監督)、「舞妓Haaaan!!!」(水田伸生監督)などの脚本を手がけている。

 連続テレビ小説は現在、堀北真希さん主演の「梅ちゃん先生」が放送中で、秋からは11年の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ)を手がけた脚本家・遊川和彦さんのオリジナル作で夏菜さん主演の「純と愛」が決まっており、宮藤さん脚本のドラマはその次に放送の予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る