ゲーム1週間:「パワプロ」もソーシャルに 「ドラクエ10」の子供時間は2時間

ソーシャルゲーム版「パワフルプロ野球」
1 / 1
ソーシャルゲーム版「パワフルプロ野球」

 1週間のゲームのニュースをまとめて紹介する「ゲーム1週間」。今週(9~15日)は、人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」がソーシャルゲームになるニュースや「ファイナルファンタジー3」がPSPで発売される話題などが注目を集めた。

 野球ゲームの定番「実況パワフルプロ野球」シリーズが、ソーシャルゲーム化されることが明らかになった。ソーシャルコンテンツならではの登録者同士の交流が可能。同じ球団を選択した他のユーザーとチームメートになって、共に練習や試合、チーム運営などをすることで、選手育成を効率的に進めることができる。アイテム課金制で、GREE(グリー)とMobage(モバゲー)で今夏配信予定。

 11日、スクウェア・エニックスの人気RPG「ファイナルファンタジー3」が、PSP専用ソフトとして発売されることが明らかになった。06年に発売されたDS版をベースに、11年に配信を開始したiPhone/iPod touch版の要素の一部と、PSP版の新たな要素が加わっている。9月20日発売で3990円。ダウンロード版は3300円。

 人気RPG「ドラゴンクエスト」(スクウェア・エニックス)の最新作「ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン」(8月2日発売予定)を子供が利用できるよう、利用券なしで無料でプレーできるサービス「キッズタイム」の時間帯が、月~金曜が午後4~6時(祝日含む)、土、日曜が午後1~3時に決まった。同社では“お子様を対象としたもの”としているが、年齢制限なしで利用できる。同サービスの終了時間が近づくと告知が表示され、利用券を購入していない場合、終了すると自動的にセーブされ、サーバーから切断される。(毎日新聞デジタル)

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る