大沢たかお:松嶋菜々子と“高視聴率”コンビで警察映画 三池崇史監督最新作「藁の楯」

1 / 5

 木内一裕さん原作の警察サスペンス「藁の楯」が映画化されることになり、俳優の大沢たかおさんが警視庁警備部のSP・銘苅一基(めかりかずき)役で主演を務めることが、明らかになった。また、銘苅のパートナーのSP・白岩篤子役には女優の松嶋菜々子さんが決定。最高視聴率20.6%をたたき出したドラマ「JIN−仁−」の大沢さんと、40%を記録した「家政婦のミタ」の松嶋さんという国民的ドラマに主演した“高視聴率”コンビが共演し、大ヒットをねらう。

 さらに、銘苅に護送される凶悪犯・清丸国秀役に藤原竜也さんが出演。メガホンを取るのは「一命」「愛と誠」が2年連続カンヌ国際映画祭に出品された奇才・三池崇史監督で、脚本は「ゴールデンスランバー」「うさぎドロップ」などを手がけた林民夫さんという、豪華キャスト、スタッフが集結。大沢さん、松嶋さんは三池監督作品初参加となる。

 映画は、殺害依頼の“懸賞金”を懸けられた凶悪殺人犯を護送するSPたちの活躍や苦悩を描くアクションサスペンス。政財界を牛耳る大物・蜷川の孫娘が清丸国秀(藤原さん)に殺される。清丸は8年前に少女への暴行殺人事件を起こし逮捕され、出所したばかりだった。全国に指名手配され、警察による捜査が続くが、行方はわからない。事件の3カ月後、大手新聞3紙に「この男を殺して下さい。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします。蜷川隆興」という前代未聞の全面広告が掲載される。日本中が殺気立つ中、命の危険を感じた清丸は福岡県警に出頭してきた。警視庁は清丸の身柄を護送するため、福岡に5人の警察官を派遣。さまざまな思いが交錯する中、全国民が“敵”という状況下で、護送距離1200キロという警察官たちの孤独な戦いが始まる……というストーリー。

 この小説の映画化を心待ちにしていたという大沢さんは、「大好きな三池監督とともにスタッフ、キャストと一丸になって撮影に挑みたいと思います。公開を楽しみにして下さい」と主演作に意欲を燃やし、松嶋さんは「監督とご一緒できることがとても楽しみです。この作品で初めて経験することもありますが、監督の世界観に染まれるよう、スタッフ、キャストの皆さんとともに、全力を注ぎたい。『生きる価値がない』と容認された犯人を守り抜くことは果たして“正義”なのか……。見終わった後に何かしら感じていただけるよう頑張ります」と語っている。

 さらに、全国民から命を狙われることになった凶悪犯を演じる藤原さんは「久しぶりの三池組でこういった特殊な悪役をやらせていただけるのは非常に光栄。共演の方々も初顔合わせが多いので新鮮ですし、この夏どっぷり“三池ワールド”につからせていただきます」と撮影を心待ちにしている様子。三池監督は「最強のキャスト。空前のスケール。ハリケーンのような物語。熱い夏になりますね」とコメントを寄せている。映画は8月からクランクインし、13年のゴールデンウイークに全国公開予定。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 5 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る