芦田愛菜:観客に“ゆびきり”ダンスを伝授

1 / 9

 人気子役の芦田愛菜ちゃんが(8)が11日、東京都内で行われた劇場版アニメ「映画ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス」の初日舞台あいさつに登場。同映画の主題歌「ずっとずっとトモダチ」も担当し、ステージ上でその楽曲を披露することになった愛菜ちゃんは、客席の子供たちに向かって、「みなさんも一緒にダンスをお願いします」と呼びかけ、さらに振り付けのポイントを、手を重ね合わせる「“ゆびきり”のところ」と自ら伝授。子供たちは愛菜ちゃんのダンスに合わせて楽しそうに踊った。

 映画は、宝石の目を持つ魔法使いのジュエルペットたちの活躍を描いた人気テレビアニメ「ジュエルペット」シリーズ初の劇場版。ジュエルペットたちが住む「ジュエルランド」の隣にあるお菓子の国「スウィーツランド」が今作の舞台で、スウィーツランドのプリンセス「マーナ姫」(愛菜ちゃん)のお誕生日を祝うため、同国に向かったジュエルペットの前に謎のキャラクター「グミミン」が現れる……というストーリー。愛菜ちゃんは、ゲスト声優として、マーナ姫役で出演している。

 舞台あいさつには、声優の齋藤彩夏さん、ささきのぞみさんらも登場した。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る