HKT48指原莉乃:ネットで噂の整形疑惑否定

1 / 14

 福岡・博多を拠点に活動するアイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さんが10日、豊川稲荷東京別院(東京都港区)で行われた初主演映画「劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール」の大ヒット祈願イベントに登場。9月3日放送のフジテレビ系「笑っていいとも!」に出演して以降、その出演時の顔が激変しているとネット上で話題になっていることについて、「結構忙しいから整形している暇がないのに。たぶん日によって顔が違うんですよ。調子がいいときと悪いときの差が尋常じゃなくあるので。今日は激太り、今日は整形疑惑が立つ日だな、と自分でも分かる」と自己分析。「でもやせました! (整形は)一切ないです! (記事に)書いてくださいね」と訴え、「皆さんもツイッターなどで拡散お願いします」とファンにも呼びかけた。

 HKT48に移籍して変わったことを聞かれた指原さんは「めっちゃやせました! でも世間では激太りとか言われてショックなんです。体の変化がすごいらしい。整形疑惑も出てたりして、お母さんにも言われた。一番忙しいの分かってるはずなのに……」とショックを隠せない様子でこぼして、ファンを爆笑させていた。指原さんはやせた理由について「HKT48の公演に出ていて、動いているけれど、メンバーが若くて終わった後にご飯食べに行かないからやせたまま」と説明した。

 「ミューズの鏡」は、指原さんの初主演ドラマとして1~6月に日本テレビの関東ローカルで放送。貧乏で中華料理店でバイトをして飢えをしのぐ生活を送る向田マキ(指原さん)が天才演出家・沖田竜(池田成志さん)に見いだされ、成長し、女優として覚醒していくシンデレラストーリー。今回の劇場版では、所属する劇団の新作舞台「マイプリティドール」の主役・ドール役をめぐって、マキと人気女優の彩吹うらら(平野綾さん)が争奪戦を繰り広げる。29日全国公開。

 イベントでは、映画のヒット祈願として、約250人のファンとともに、季節外れの豆まきを行った。指原さんは「暑いのにすみません。私も何で豆まきなのか分からない……」と戸惑ったが、「話題性のあることには、皆さんが集まってくださる。豆まきやって良かったな。ありがとうございます」とポジティブに語った。今後の目標については「HKT48として、まずはシングルを出したいな。指原個人としては、無性にコントに出たいんです」と笑顔で話していた。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 14 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る