ワンピース:一番くじで「ヒストリー オブ チョッパー」が復活

A賞の「ドラム王国編」(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
1 / 24
A賞の「ドラム王国編」(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 尾田栄一郎さんの人気マンガが原作のアニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の人気キャラクター「チョッパー」を題材にしたフィギュアやグッズなどが当たる「一番くじ ヒストリー オブ チョッパー GOLDEN EDITION」(バンプレスト)が、11月上旬から全国のセブンイレブン(一部店舗を除く)で発売される。空くじなしで1回500円。

 11年9月に発売し、「一番くじ」のチョッパーシリーズで過去最高のヒットを記録した「ヒストリー オブ チョッパー」が復活。A~E賞には、チョッパーがドラム王国で麦わらの一味に出会ってからのさまざまな名エピソードをモチーフにしたファンにはうれしいヒストリーフィギュアに「GOLDEN EDITION」オリジナルのゴールドにカラーリングされた台座が付いている。

 ヒストリーフィギュアは、A賞がチョッパーが必死に勉強し、医者の道を歩むきっかけとなったドラム王国での悲しいワンシーンを再現した「ドラム王国編」(全1種)、B賞が超カルガモ部隊の隊長・カルーにチョッパーが乗った「アラバスタ編」(同)、C賞が空島で採れる「コナッシュ」をチョッパーが一生懸命飲む「スカイピア編」(同)、D賞がスリラーバークの「マストの屋敷」でクマシーに隠れきれていない緊迫感がありながらも面白いシーンを再現した「スリラーバーク編」(同)、E賞がシャボンディ諸島で街中をシャボン玉に乗って楽しむ姿を再現した「シャボンディ諸島編」(同)。

 そのほか、F賞にぬいぐるみ「きゅんぐるみ『ワンピース』~ワンピースメモリーズ~」(全3種)、G賞にフェースタオル(全2種)、H賞は魚人島にちなんだデザインをラインアップした「ちびきゅんキャラ『チョッパー』~魚人島編~」(全5種)、I賞はクリアファイルやブックカバーがセットになったステーショナリーセット(全4種)が用意されている。また、最後のくじを引くとその場でもらえる「ラストワン賞」は、魚人島でのチョッパーを再現したヒストリーフィギュア「魚人島編」で、くじの半券で応募できるダブルチャンスキャンペーンは「エースフィギュア~スペシャルカラーver.~」が100人に当たる。

 「ワンピース」は尾田栄一郎さんが97年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載し、コミックス累計2億6000万部以上発行の大ヒットマンガ。手足が伸びるゴムのような体の少年・ルフィが、海賊王になるため、3本の刀を使う剣士ゾロや、女航海士のナミら仲間と大海原を冒険する……という物語で、99年からテレビアニメがフジテレビ系で放送中。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 24 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る