MANTANWEB(まんたんウェブ)

革命機ヴァルヴレイヴ:13年4月からテレビアニメ化 キャラ原案は「D.Gray-man」の星野桂

アニメ
「革命機ヴァルヴレイヴ」のメーンビジュアル (c)SUNRISE/VVV Committee, MBS

 人口の7割が宇宙で生活する時代を舞台に、謎の人型兵器が活躍するオリジナルアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」が13年4月から毎日放送(MBS)の深夜アニメ枠「アニメイズム」で放送され、キャラクター原案を「D.Gray-man」のマンガ家・星野桂さんが担当することが明らかになった。星野さんがアニメのキャラクター原案を手掛けるのは初めて。

 「革命機ヴァルヴレイヴ」は、宇宙都市の開発によって、総人口の7割が宇宙で暮らす時代が舞台。軍事同盟から発展した「ドルシア軍事盟約連邦」と、貿易協定を拡大させた「環大西洋合衆国(ARUS=アルス)」の二つの巨大な勢力があり、間にある中立の小国「ジオール」は、経済的繁栄を手に入れていた。ジオールで暮らす高校生・時縞ハルトは、ドルシア軍の侵攻をきっかけに謎の人型兵器「ヴァルヴレイヴ」と出会う……というストーリー。

 監督は、アニメ「ローゼンメイデン」や「夏雪ランデブー」の松尾衡(こう)さん、シリーズ構成は「コードギアス 反逆のルルーシュ」の大河内一楼さん、キャラクターデザインは「いばらの王」の鈴木竜也さんがそれぞれ務める。メカニカルデザインは「機動戦士ガンダム」の大河原邦男さん、「サイコパス」の石渡マコトさん、「蒼穹のファフナー」の鷲尾直広さんの3人体制。アニメーション制作は「機動戦士ガンダム」のサンライズが手掛ける。(毎日新聞デジタル)

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る