中村勘三郎さん本葬:「のりさん、大好きです」 大竹しのぶ悲しみの弔辞

芸能
中村勘三郎さんの本葬で弔辞を読んだ大竹しのぶさん

 今月5日に急性呼吸窮迫(きゅうはく)症候群のため亡くなった歌舞伎俳優の中村勘三郎(本名・波野哲明=なみの・のりあき)さんの本葬が27日、築地本願寺(東京都中央区)で営まれ、生前親交があった女優の大竹しのぶさんらが弔辞を読み上げた。大竹さんは「あんなにたくさんの人を幸せにして、たくさんの人に愛されたあなたがどうしてこんな目に遭わなければならないのか。それでもあなたは一生懸命病気と闘ってくれた。絶望だといわれたときも、何度も奇跡を起こし私たちに光を与えてくれた」と語り、「のりさん、大好きです。今もこれからも。ありがとう。またね」と声を震わせながら、故人に別れを告げた。

 葬儀では、写真家の篠山紀信さんが撮影した写真が遺影として飾られ、祭壇は父である十七代中村勘三郎さんの本葬(88年、同所)のときと同様にそろえてあり、菊1万8000本とカーネーション1500本、コチョウラン150本で埋め尽くされた。会場では勘三郎さんをしのぶ約15分の特別映像が流され、大竹さんのほか、歌舞伎俳優の坂東三津五郎さんや坂田藤十郎さんが弔辞を読み上げ、参列者の涙を誘った。喪主は長男の中村勘九郎さん、次男の中村七之助さんが務めた。

 勘三郎さんは1955年5月30日生まれ、東京都出身。59年に勘九郎を襲名し初舞台を踏んだ。05年に十八代目の勘三郎を襲名。古典歌舞伎を新演出で上演する「コクーン歌舞伎」や仮設劇場を設営して世界各地を回る「平成中村座」などで歌舞伎を世に広める活動を進めた。08年に紫綬褒章を受章している。勘三郎さんは今月5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群のため東京都文京区の病院で亡くなった。57歳だった。通夜が10日、密葬が11日に東京都内の自宅で営まれた。(毎日新聞デジタル) 

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る