MANTANWEB(まんたんウェブ)

日本ゴールドディスク大賞:AKB48がV2 最多8冠受賞

アイドル

 第27回日本ゴールドディスク大賞が7日発表され、邦楽部門で「AKB48」が1年間に最もCD、音楽ビデオ、音楽配信の正味売上金額が多いアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。AKB48の受賞は昨年に続き2年連続2回目。AKB48はそのほかにも「ベスト5アルバム」「シングル・オブ・ザ・イヤー」など合計で8冠を受賞した。

 AKB48は「真夏のSounds good!」で「シングル・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、上位5作品に贈られる「ザ・ベスト5シングル」は「真夏のSounds good!」「ギンガムチェック」「GIVE ME FIVE!」「UZA」「上からマリコ」と昨年に引き続きシングル上位5位を独占。

 AKB48のメンバーは「たくさんの方が私たちのCDを手に取っていただけたからこそ、選んでいただけた賞だと実感し、これからもたくさんの曲を歌って、皆さんに聴いていただけるよう精進していきたいと思います。これからもメンバーみんなで力を合わせて頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いします!!」と喜びのコメントを寄せている。

 同賞は、総出荷数から返品数を差し引いた客観的なCD、ビデオなどの正味売り上げ実績と有料音楽配信の売り上げ実績を選定基準とし、その年のレコード産業に大きく貢献したアーティストと作品を顕彰するもので、87年に制定された。今回の対象期間は11年11月1日から12年10月31日まで。AKB48は総売り上げがアルバム131万5929枚、シングル819万2364枚、音楽ビデオが69万9740枚、音楽配信が684万7861ダウンロードだった。

 洋楽部門の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」はシェネルさんが初受賞。昨年新設された「ベスト・エイジアン・アーティスト」は前回に続いて「KARA」だった。また「ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト」は由紀さおりさんが受賞した。

 期間中にデビューしたアーティストを対象とした「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」は、邦楽部門を「乃木坂46」、洋楽部門を「ワン・ダイレクション」が受賞。配信楽曲賞となる「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(邦楽)は安室奈美恵さんの「Love Story」が受賞した。「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)はMr.Childrenの「Mr.Children 2005−2010<macro>」だった。(毎日新聞デジタル) 

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る