MANTANWEB(まんたんウェブ)

マンガ質問状:「ぎんぎつね」 「好きなもの描いてみたら?」の一言が連載に

マンガ
落合さよりさんの「ぎんぎつね」1巻のカバー

 話題のマンガの魅力を担当編集が語る「マンガ質問状」。今回は、神社を舞台に、神主の娘で女子高生の冴木まことやキツネの姿をした“神使”の銀太郎らの日常を描いた落合さよりさんの「ぎんぎつね」です。「ウルトラジャンプ」(集英社)編集部の井藤涼さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 基本的には「神社を舞台にしたハートフルストーリー」といった感じの内容です。作中に「神使」という、神社に縁のある動物(?)が出てきます。いろんなデザインの神使がいて、可愛かったり、ブサイクだったり、威厳があったり、性格が悪かったりという多彩さが作品の魅力の一つかなーと思っています。読んでいただければ、神社の知識も自然と身に着く……かもしれません。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 「好きなもの描いてみたら?」と振ったところ、もともと神社に興味があったらしく、落合先生がほぼ完成形のネームをあげてきてくれました。読み切りとして2回掲載した後、「違う読み切りも描いてみたら?」と振ったのに、落合先生がしれっと続編みたいなネームを描いてくるので(笑い)、じゃあもう連載目指そうと。幸い2本の読み切りが好評をいただけたので、連載にこぎつけられました。

 −−編集者として作品を担当して、今だから笑えるけれど当時は大変だった……、もしくはクスッとしたナイショのエピソードを教えてください。

 「銀太郎」という狐の神使は、人間の姿に耳が生えてるデザインも考えてたらしいです。それを提出してきてたら間違いなくボツにしてました(笑い)。まあ、落合先生も途中でイラッとしてボツにしたそうで、実際そのデザイン案を見たことはないんですが、今となっては見てみたい気もします。

 −−今後の展開は?

 神社は正月から年越しまでの1年間の行事を繰り返していく場所なので、作中では丁寧にその流れを描いていけたら、と思っています。今後も新しい神使が出てくるでしょうから、そこは担当の自分も楽しみにしているところです。

 ウルトラジャンプ編集部 井藤涼

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る