遺留捜査:上川隆也主演ドラマ4月から新シリーズ 小田和正が主題歌書き下ろし

テレビ
上川隆也さん演じる糸村聡刑事が活躍する「遺留捜査」の新シリーズが4月から放送される=テレビ朝日提供

 上川隆也さん主演の刑事ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)のシリーズ第3弾が4月クールに放送されることが5日、明らかになった。昨年7月クールに木曜午後9時枠で放送された第2シリーズの終了から約7カ月ぶりに早くもスタートする今作では、西村雅彦さんら新メンバーも加わり、第1シリーズと同じ水曜午後9時枠にカムバック。シンガー・ソングライターの小田和正さんが新たな主題歌を書き下ろすことも決定した。

 「遺留捜査」は、警視庁刑事部の捜査1課に科学捜査係として参加している風変わりな刑事・糸村(上川さん)が、独自の視点と執着心で現場に残された遺留品から事件の真相と、被害者の思いを明らかにしていく1話完結型の連続ドラマとして、11年4月クールに水曜午後9時枠で放送され、初回視聴率は17.0%、全11話の平均視聴率も14.3%を記録。昨年7月クールに木曜午後9時枠で放送された第2シリーズでは、所轄の月島中央署に左遷された糸村刑事の活躍を描き、ロンドン五輪などがひしめく中で、同クールに放送されたプライム帯の連続ドラマで第2位となる平均視聴率12.5%(全8話)を獲得するなど人気を集めた。

 第3シリーズとなる今作の舞台は前作と同じく所轄の月島中央署。斉藤由貴さん、八嶋智人さん、三宅裕司さん、岡田義徳さんといった面々はそのままに警部補・森田宗介役で西村さんが加入。森田は皆に煙たがられる糸村の理解者面をしているものの、裏の顔を持つくせ者で、チームワークをかきみだしていく。さらに、第1シリーズでは、警視庁の捜査1課科学捜査係で糸村の部下だった波岡一喜さん演じる横山恵一も月島中央署に異動してくることに。署内で展開される人間ドラマにも注目だ。

 上川さんは「こうしてまた糸村として予想もできないほどの早さで帰って来られることを本当にありがたく思います」と感謝。前作では所轄への左遷や同僚との別れなども経験した糸村刑事だが、上川さんは「やっぱり何を考えているのかつかみ切れない。まだまだ興味が尽きません。さらにいろいろな糸村を、皆さんと楽しみたいと思います。許される限りの可能性を、糸村というキャラクターに見いだしていきたい」と意欲的だ。西村さんの加入にも「きっと予想もつかない色合いをもたらしてくださるでしょうし、また楽しい3カ月になりそう」と期待に胸を膨らませている。

 テレビ朝日の三輪祐見子プロデューサーは、「今回は“変人”糸村を目の敵にする新メンバーが所轄に現れます。孤立しながらも『遺留品』から被害者の声を聴き、遺族に伝えるという糸村独自の捜査方法は健在です。犯人を追いつめながらも、ラスト3分で語る真実で、今回も泣ける刑事ドラマを目指します。ご期待ください」とアピールしている。

 連続ドラマ「遺留捜査」は4月から毎週水曜午後9時~同54分に放送予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る