星野源:「聖☆おにいさん」舞台あいさつ 緊張でカミカミ「スタッフたん」 

1 / 10

 ミュージシャンの星野源さんが18日、声優に初挑戦した劇場版アニメ「聖☆おにいさん」の東京都内で行われた完成披露試写会に登場。「スタッフさんたちが長い年月をかけて作り上げた作品に出られてうれしい」と言うところを「スタッフたん」と緊張と興奮のためかかんでしまい、「萌(も)えキャラになるつもりはまったく(ありません)」とちゃめっ気たっぷりに“言い訳”した。

 子供のときからアニメやマンガが大好きだったという星野さんは「ほかの(配給・製作)会社の作品だから言いにくいんですが、(天空の城)ラピュタ……その作品を見たあとは『空から女の子が落ちてこないかなー』とか外を見て『島が浮かんでないかなー』とか妄想しがちな子供だった」と明かし、「だからこそアニメの声を当てるというハードルの高さも感じた。でも憧れていた世界だったので頑張ってやってみようと思った。すごくうれしかった」と喜びを語った。

 「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「モーニング・ツー」(講談社)で連載中の人気マンガが原作で、世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエスが下界でバカンスを取ろうと、なぜか東京・立川にアパートを借りてルームシェアし、日常を過ごす……というストーリー。ブッダを星野さん、イエスを俳優の森山未來さんが演じる。5月10日公開。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る