MANTANWEB(まんたんウェブ)

綾瀬はるか:中谷美紀にべったり トイレも一緒で「屁負比丘尼でございます」

映画
「リアル~完全なる首長竜の日~」の初日舞台あいさつに登場した綾瀬はるかさん

 女優の綾瀬はるかさんが1日、東京都内の劇場で行われた映画「リアル~完全なる首長竜の日~」(黒沢清監督)の初日舞台あいさつに共演の中谷美紀さんらとともに登場した。ドラマ「JIN−仁−」でも共演経験がある中谷さんは、撮影現場での綾瀬さんについて「お手洗いに行くとついてきて、(トイレの前で)ずっと待っているんです。『屁負比丘尼(へおいびくに) でございます』って」と暴露。綾瀬さんは「屁負比丘尼」について身分の高い女性が放屁した際に代わりと責めを受ける役だと説明しながら、「すみません」と笑顔で謝罪するなど、和気あいあいの様子だった。

 映画は、「第9回 このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎さんの小説「完全なる首長竜の日」が原作。自殺未遂で昏睡(こんすい)状態となった淳美(綾瀬さん)を目覚めさせるため、幼なじみで恋人の浩市(佐藤健さん)がセンシングという特殊な医療技術を使って淳美の頭の中に入っていく……というストーリー。中谷さんのほか、オダギリジョーさん、染谷将太さん、小泉今日子さんら豪華キャストが脇を固める。

 舞台あいさつには、佐藤さん、オダギリさん、黒沢監督も登壇し、綾瀬さんは大胆に背中が開いたセクシーなワンピース姿で登場。劇場に用意された首長竜のパネルに「完全なるヒット!!」と書かれたパネルを取り付けるため、客席や報道陣に後ろ姿を見せると、MCを務めたTBSの安東弘樹アナウンサーも「綾瀬さんがかなりセクシーなことになっています」と実況していた。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る