バナナマン・日村:尿酸値高く痛風懸念

新番組「ザ・データマン~スポーツの真実は数字にあり~」の会見に登場した日村勇紀さん
1 / 13
新番組「ザ・データマン~スポーツの真実は数字にあり~」の会見に登場した日村勇紀さん

 お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀さんが、相方の設楽統さんがMCを務める新番組「ザ・データマン~スポーツの真実は数字にあり~」(NHK・BS1)の収録にゲストとして登場。数字にまつわる番組ということで収録後の会見で好きな数字を聞かれ、「気になるのは9.0。僕の尿酸値なんです」と公表した。設楽さんからは「7からが痛風といわれますから、どっぷりつかってますね」と苦笑されていた。

 タイムや距離、得点などスポーツにおける“数字”を徹底的に読み解くことで、スポーツの真実や楽しみ方を伝える情報番組で7月放送開始予定。数字を計算したり専門家に話を聞きに行くなど、実際に自身の体を使って数字をわかりやすく検証していく“データマン”に俳優の安岡直さんが扮(ふん)し、番組アシスタントはモデルの竹中三佳さんが務める。

 この日は、第2回「“107db(デシベル)”シャラポワ 勝利の叫び」が収録され、元プロテニス選手の杉山愛さんもゲストとして登場。プロテニスのマリア・シャラポワ選手が球を打つときの声の大きさに着目して勝利の秘密を探ることから、杉山さんは「テニスのことは相当知っているんじゃないかなと自負していましたが、『そこに目をつけるの?』って。今まで私も探ったことのないおもしろさがあり、新しい発見を楽しめる番組になっています」と収録を振り返った。

 番組は、7月20日から毎週土曜日深夜0時~同0時43分に放送。全7回。初回は、女子サッカー日本代表「なでしこ ジャパン 」のボールを奪ってからシュートまでの平均所要時間に焦点をあて「“11秒”なでしこ 強さの秘密」と題して放送される。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 13 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る