MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメジャパン:2大アニメイベントが再合流 東京都は不参加

アニメ マンガ
「AnimeJapan」の発表会見に登場した実行委員会のメンバー

 東京都の青少年健全育成条例改正をめぐり、分裂していた二つのアニメイベントが合併することになった。東京都が実質的に開催していたアニメ展示会「東京国際アニメフェア」(TAF)と、一部のアニメ関連企業が中心となった「アニメ コンテンツ エキスポ」(ACE)で、再結集し、一つのイベント「AnimeJapan(アニメジャパン) 2014」として2014年3月22、23日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されることが9日発表された。KADOKAWA(旧角川書店)や小学館集英社プロダクション、ソニーグループのアニメ制作会社・アニプレックスなど19社と日本動画協会によって結成された実行委員会が主催し、東京都は参加しない。

 同実行委員会は同日、東京都内で開催された会見で、再結集した経緯について「ACEとTAFで単一のイベントができるように、話を進めていた。会場や日程について模索して開催できるに至った」と説明。東京都が参加しないことについては「TAFは民間に徐々に移行できるように進めてきた。負担金も年々減っていた」とした。また、KADOKAWAの井上伸一郎専務は「自主的に運営できると確認できたことが大きい」とコメントしたが、東京都の青少年健全育成条例改正の問題については「根本的なところは解決していない」と話した。

 「アニメジャパン」は14年3月22、23日午前9時~午後5時に東京ビッグサイトの東展示棟・東1~6ホールに開催。規模は「ACE」「TAF」の約2倍となり、2日間で10万人の入場者数を見込んでいる。入場券は2月上旬に発売予定。

 「ACE」は、2010年12月に過激な性的描写のあるマンガの販売規制を強化する東京都の青少年健全育成条例改正案が可決されたことを受け、角川書店(現KADOKAWA)やアニプレックスなどのアニメ関連企業が「表現の自由を侵害する恐れがある」として都などが主催する「TAF」をボイコットして企画。11年は東日本大震災の影響で中止になったが、12、13年は分裂状態が継続したまま二つのイベントが開催された。(毎日新聞デジタル)

 ◇実行委員会一覧

 アニプレックス▽アニメイト▽KADOKAWA▽キングレコード▽サテライト▽サンライズ▽ジェネオン・ユニバーサル・ エンターテイメントジャパン合同会社▽小学館集英社プロダクション▽手塚プロダクション▽東映アニメーション▽トムス・エンタテインメント▽ 日本アドシステムズ、日本アニメーション▽バンダイビジュアル▽ぴえろ▽プロダクション・アイジー▽フロンティアワークス▽ポニーキャニオン▽マーベラスAQL▽日本動画協会

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る