MANTANWEB(まんたんウェブ)

長澤まさみ:初主演作「ロボコン」振り返る 「主演の意味分からなかった」

映画

 女優の長澤まさみさん(26)が18日、第26回東京国際映画祭(TIFF)開催中の六本木ヒルズ(東京都港区)で行われた映画「潔く柔く きよくやわく」トークイベントに登場し、歴代出演作について語った。長澤さんは初主演作「ロボコン」(2003年・古厩智之監督)について「撮影当時は中学生で、主演の意味も分からず何も分からないままだった」と振り返った。

 トークイベントには長澤さん主演の最新作「潔く柔く きよくやわく」の新城毅彦監督、「タッチ」(05年)の犬童一心監督も登場。犬童監督は「(映画を作る際)原作を2時間にしてくれと言われたけれど無理だった。だから長澤まさみがスターだと見せることにポイントを集約させた。彼女をとても魅力的に撮れたと思う」と当時のエピソードを明かした。

 一方、古厩監督は長澤さんを“犬”と表現し「原節子さんにしろ松嶋菜々子さんにしろ大女優はネコというより“犬”だと思う。作品のために一生懸命になれるのは(女優にとって)大事な資質だと思う」と長澤さんを絶賛した。長澤さんは「女優人生が重なっていくことで、いろんなものがにじみ出てくるものなのかな。続けてみないと分からないことがあるんだと思う」と監督たちの言葉に耳を傾けていた。

 イベントの終盤には映画「潔く柔く きよくやわく」の主題歌を歌うシンガー・ソングライターの斉藤和義さんがサプライズで登場。長澤さんの印象を聞かれると「脚がとてもキレイで。脚に全部持ってかれました。脚が……」としきりに長澤さんの美脚を絶賛し、ミニワンピースで登場した長澤さんを赤面させていた。

 「潔く柔く きよくやわく」は、いくえみ綾(りょう)さんの人気マンガが原作。幼なじみを事故で失った喪失感を抱える瀬戸カンナと、小学生のころに事故で一緒にいた女の子を死なせて自分だけ生き残ったという罪悪感を抱く赤沢禄(ろく)の恋模様を描いており、映画では、カンナを長澤さんが、禄を岡田将生さんが演じる。26日から公開。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る