アキバ中古ゲーム市況:ゴッドイーターが人気 北米版PS4は即完売

ゲーム

 東京・秋葉原などで中古ゲームやDVDを販売する「TRADER(トレーダー)」の家庭用ゲーム部門責任者を務める小林俊一さん。1日のうちに価格がめまぐるしく変動する激戦区を見つめる小林さんに、13~19日の集計を基に中古市場の今を振り返ってもらいます。

 「ゴッドイーター2」(Vita・PSP、バンダイナムコゲームス)がよく売れました。最初は中高生を中心にPSP版が売れ、大学生や社会人を中心にVita版が追い上げた印象。結果的にVita版の方が売れました。「モンスターハンター4」(3DS、カプコン)ももう少し落ち着いた売り上げになるかと思っていましたが、まだまだ人気で予想以上の売れ行きでした。また、Vitaフォーマットの新型ゲーム機「プレイステーションVitaTV」(SCE)も同時発売されましたが、PS3のコントローラーが使えることもあり、値段の安い本体のみのバージョンが好評でした。

 中古市場は前回に引き続き「グランド・セフト・オート5」(PS3、ロックスター・ゲームス)、「モンスターハンター4」がワンツー。“ご当地もの”の「アキバズトリップ2」(PS3・Vita、アクワイア)も変わらず好調です。「アキバズトリップ2」のほかにも「ゴッドイーター2」「ガンダムブレイカー」(バンダイナムコゲームス)といったVitaタイトルの動きがいいですね。

 ◇新作ゲームの手応え

 「ライトニングリターンズ ファイナルファンタジー13」(PS3・Xbox360、スクウェア・エニックス)が快調なスタート。シリーズものの第3作ということで鈍いかと思ったのですが、よく売れています。前作も作品としての評価が高かったことを考えると、今回も続編というよりは、新作のRPGとして楽しんでいる人が多いということでしょうか。

 また、並行輸入で新型ゲーム機「プレイステーション4」の北米版が入ってきました。世界的な品不足もあって仕入れ値の関係から7万9800円という値段で売ることになったのですが、すぐに完売。想像を上回る盛り上がりで、ユーザーの関心の高さがうかがえます。

 ◇13~19日の中古ランキング(トレーダー調べ)

1位 グランド・セフト・オート5(PS3)

2位 モンスターハンター4(3DS)

3位 アキバズトリップ2(Vita)

4位 ブレイブルー クロノファンタズマ(PS3)

5位 アキバズトリップ2(PS3)

6位 バトルフィールド4(PS3)

7位 ゴッドイーター2(Vita)

8位 ポケットモンスターX(3DS)

9位 ポケットモンスターY(3DS)

10位 ガンダムブレイカー(Vita)

 ◇プロフィル

 小林俊一(こばやし・しゅんいち) 中古ゲームショップ「トレーダー」家庭用ゲーム部門責任者

 中古専門店「トレーダー」設立時からの古参社員で、秋葉原・新宿店の家庭用ゲームすべての価格設定などを担当。ゲームの販売・仕入れ・卸などゲーム流通業界一筋で、趣味と経験を生かして、オールドゲームから海外ゲームまで精通している。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る