MANTANWEB(まんたんウェブ)

前田敦子:主演映画初日に感激「不思議な感じ」

映画
映画「もらとりあむタマ子」の初日舞台あいさつに登場した前田敦子さん

 元AKB48の前田敦子さんが23日、東京都内で行われた主演映画「もらとりあむタマ子」(山下敦弘監督)の初日舞台あいさつに登場。前田さんは「初日という日を迎えられるのは不思議な感じ。タマ子の世界観を心地良いなと思っていただけたらうれしい」とあいさつ。客席からは「あっちゃーん」というファンからの声援もあり、前田さんは感激した様子だった。

 「もらとりあむタマ子」は、CS放送の音楽専門チャンネル「MUSIC ON! TV」で、番組と番組の間に放送された30秒の短編ドラマを映画化。東京の大学を出たが、父親が一人で暮らす甲府の実家に戻ってきて就職もせず、家業のスポーツ店も手伝わず、食べては寝る日々を過ごすタマ子(前田さん)の1年を描く。

 山下監督は「ほのぼのしている映画で現場もそんな感じ。撮影は短い期間の中でやっていたので忙しかったんですが、役者さん、スタッフの雰囲気で楽しかった。それが一本の映画になってそれだけでおなかいっぱい、うれしかった」と話した。舞台あいさつには康すおんさん、伊東清矢さんも出席した。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る