MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:「初音ミク」がトップ 「GT6」「ドラクエ10」に期待

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「初音ミク Project mirai 2」(3DS、セガ)が予想通りトップに立ちました。初音ミクのTカードを発行したこともあるTSUTAYAとは親和性の高いタイトルだったということでしょう。3位の「真・三國無双7 猛将伝」(PS3、コーエーテクモゲームス)は、「6 猛将伝」と同程度という安定した売れ行きを記録しています。

 ◇今週の動き

 人気ドライブゲームの最新作「グランツーリスモ6」(PS3、SCE)がダントツでしょう。TSUTAYAではオリジナル特典がつくこともあり、大いに期待しています。「ドラゴンクエスト10 眠れる勇者と導きの盟友」(WiiU・Wii、スクウェア・エニックス)も、人気オンラインゲームの初の追加ディスクということもあり、予約が絶好調。3位には人気マンガ初のゲームとなる「進撃の巨人~人類最後の翼~」(3DS、スパイク・チュンソフト)が続きそう。

 また、クリスマス商戦もいよいよ本格化。「マリオ&ソニック AT ソチオリンピック」(WiiU、任天堂)、「イナズマイレブンGO ギャラクシー ビッグバン/スーパーノヴァ」(3DS、レベルファイブ)、「ガイストクラッシャー」(同、カプコン)、「遊戯王ZEXAL 激突! デュエルカーニバル!」(同、コナミデジタルエンタテインメント)など児童向けのタイトルの動向にも注目したいところです。

 ◇ランキングは次の通り。(11月25日~12月1日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 初音ミク Project mirai 2(3DS)

2位 ライトニング リターンズ ファイナルファンタジー13(PS3)

3位 真・三國無双7 猛将伝(PS3)

4位 アサシンクリード4(PS4)

5位 ワールドサッカーウイニングイレブン2014(PS3)

6位 ゴッドイーター2(Vita)

7位 スーパーマリオ 3Dワールド(WiiU)

8位 スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE(PS3)

9位 ポケットモンスターX(3DS)

10位 コール オブ デューティ ゴースト 字幕版(PS3)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。96年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。02年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る