MD松尾のヒット解析:「進撃の巨人」が快進撃! “大本命”パズドラZ発売へ

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 上位8位までがいずれも新作と年末商戦らしいランキングになりました。首位は、予想通り人気ドライブゲームの最新作「グランツーリスモ6」(PS3、SCE)。購買層を確認してみると、まだ発売を知らないユーザーもいるように思えるので、息の長いプロモーションを期待したいところです。

 2位の「進撃の巨人~人類最後の翼~」(3DS、スパイク・チュンソフト)はものすごくよかった。アニメ化作品のゲーム1作目はヒットする可能性が高いというデータどおり素晴らしい売れ行きで一時品切れになるほどでした。「ドラゴンクエスト10 眠れる勇者と導きの盟友」(WiiU・Wii、スクウェア・エニックス)も絶好調で、特に発売日の問い合わせがすごかったですね。

 ◇今週の動き

 クリスマス商戦の“大本命”「パズドラZ」(3DS、ガンホー・オンライン・エンターテイメント)がついに発売されます。キッズ層を中心に予約もすさまじい数が入っており、3DS本体のけん引も期待できそう。続くのは人気シミュレーションの最新作「信長の野望・創造」(PS3・PC、コーエーテクモゲームス)でしょうか。4年ぶりかつシリーズ30周年記念作ということもあり注目度の高いタイトルです。3位には「コールオブデューティ ゴースト 字幕版」(PS3、スクウェア・エニックス)が入りそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(2~8日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 グランツーリスモ6(PS3)

2位 進撃の巨人~人類最後の翼~(3DS)

3位 ドラゴンクエスト10 眠れる勇者と導きの盟友(Wii)

4位 ドラゴンクエスト10 眠れる勇者と導きの盟友(WiiU)

5位 イナズマイレブンGO ギャラクシー スーパーノヴァ(3DS)

6位 遊戯王ZEXAL 激突! デュエルカーニバル!(3DS)

7位 ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル(3DS)

8位 イナズマイレブンGO ギャラクシー ビッグバン(3DS)

9位 ライトニング リターンズ ファイナルファンタジー13(PS3)

10位 ポケットモンスターX(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る