MANTANWEB(まんたんウェブ)

新作ゲーム紹介:「うた組み575」 ボカロで五・七・五の言葉遊び

ゲーム
「うた組み575」のゲーム画面(C)SEGA

 セガが展開するメディアミックスプロジェクト「project575」がゲーム化され、「うた組み575」としてPSVitaで発売される。俳句や短歌でなじみ深い五・七・五形式で言葉を組み合わせていくパズルとリズムアクションが融合したゲーム。初音ミクなどでおなじみのボーカロイド(音声合成ソフト)によって、言葉を組み合わせると、キャラクターが歌ってくれる。

 「project575」は、五・七・五形式で言葉を組み合わせて、女子高生のキャラクターの歌声にのせて発信できるというプロジェクトで、キャラクターとして古都・鎌倉に住むという設定の正岡小豆(まさおか・あずき)と小林抹茶(こばやし・まっちゃ)が登場。声優として小豆役に大坪由佳さん、抹茶役に大橋彩香さんが参加し、キャラクター原案は人気ライトノベル「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のかんざきひろさんが手がけている。1月からテレビアニメも放送されている。

 ゲームは、小豆と抹茶が言葉を五・七・五形式で歌にして動画サイト「チャンネル575」で配信する……という設定。PSVitaのタッチスクリーンと背面タッチパッドを使用して、楽曲に合わせて、表示される歌詞に続く言葉を選択したり、リズムに合わせてタッチする。うまくプレーできれば、動画サイトの視聴者が増え、視聴人数ゲージが最大の状態でサビにさしかかると“のりのりタイム”が発動。カメラアングルと背景が変化し、多くの得点を獲得できる。

 楽曲別に背景や衣装が用意されているが、自分好みのコーディネートしたり、好きな背景を選択したりできる。楽曲は、めざめP(つなまる)さんの「ゆきげしょう」やmathru@(かにみそP)さんの「ジャックランタン」、cosMo@暴走Pさんの「Go! sHicHi! Go!」など人気ボカロPの作品が収録されている。

うた組み575(PSVita) CEROレーティングB(12歳以上対象) セガ 7350円(パッケージ版、ダウンロード版ともに) 1月23日発売

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る