金田一少年の事件簿:14年ぶり連続アニメで復活

アニメ マンガ
14年ぶりに復活するアニメ「金田一少年の事件簿R(リターンズ)」 (C)天樹征丸・さとうふみや・講談社/読売テレビ・東映アニメーション

 人気推理マンガ「金田一少年の事件簿」のテレビアニメが、連続アニメとして14年ぶりに「金田一少年の事件簿R(リターンズ)」として復活することが19日、明らかになった。4月5日から読売テレビ・日本テレビ系で、同じく人気アニメの「名探偵コナン」(午後6時)の前枠となる毎週土曜午後5時半に放送される。

 「金田一少年の事件簿」は、1992年から2001年まで週刊少年マガジン(講談社)で連載されたマンガで、13年からは「金田一少年の事件簿R」と改題して連載中。名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生の金田一一(はじめ)が、祖父譲りの推理力を発揮し、幼なじみの七瀬美雪、仲の良い剣持警部、ライバルの明智警視らと共に難事件を解決していく物語。

 アニメは、1997年4月から2000年9月まで3年半にわたって全148話を放送。当時、月曜午後7時から放送され、同7時半からの「名探偵コナン」とともに人気キャラクターが手を組んだ「1時間の黄金のミステリーアワー」として注目され、平均視聴率は14.8%、最高視聴率19.0%(それぞれ関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。07年11月には1時間のスペシャルアニメ2本が放送されたが、連続テレビアニメとしては14年ぶりの復活となる。

 スタッフと声優陣は、前作のメンバーが再集結。金田一一役には松野太紀さん、七瀬美雪役は中川亜紀子さん、剣持勇役は小杉十郎太さん、明智健吾役は森川智之さんが演じる。前作からプロデューサーを務める読売テレビの諏訪道彦チーフプロデューサーは「今度は土曜日の夕方に1時間鉄壁のミステリーゾーンが誕生いたします。混沌(こんとん)とした社会をより反映させたスケールアップしたミステリードラマをお届けしていきます。どうぞ4月から土曜の夕方はパーフェクトな探偵たちによる緻密なミステリーをお楽しみくださいね」とコメントを寄せている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る