ゲーム1週間:PS4の国内発売開始 初回出荷32万本の好スタート

新型ゲーム機「プレイステーション4」を最初に購入した大学生
1 / 1
新型ゲーム機「プレイステーション4」を最初に購入した大学生

 1週間のゲームのニュースをまとめて紹介する「ゲーム1週間」。今回(2月22~28日)は、ソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)の新型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の国内発売開始、PS4の発売2日間の出荷数が32万台のニュースが注目を集めた。

 2月22日午前0時、PS4の先行販売が東京・銀座のソニービルで始まり、参加した熱心なファンが歓声をあげた。会場の抽選で最初の購入者に決まった神奈川県の大学生(21)は、「最初になると思っていなかったのでびっくり。『メタルギアソリッド』の新作に興味があります」と話していた。

 夜が明けた同日午前7時、東京都内の家電量販店で一般販売もスタートした。秋葉原のヨドバシカメラ・マルチメディアakibaでは約130人の列ができた。2006年のPS3発売時は各地で数百人から1000人以上に及ぶ列ができたが、今回は静かなスタートとなった。

 また、同25日には、日本で発売されたPS4の2日間(22・23日)の販売台数が約32万2000台だったことが明らかになった。ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するKADOKAWAの調べによると、06年に発売された「PS3」の約8万8000台、12年発売の任天堂の「WiiU」の約30万8000台を上回る好スタートを切った。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る